怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

怖くないですけど、子供の頃の話を一つ。

近くに小さい山があって、友達と遊んでいました。
山の中に何故か扉があって(木と木の間にどこでもドアが括り付けてある感じ)、ドラえもんごっこをしたりして遊んでいました。

ある時、扉をくぐって反対側に出た瞬間に急に蝉の音が消えて、振り返ると一緒に遊んでいた友達がいなくなっていました。
子供ながらに異常を感じ、もう一度扉をくぐって戻ると、蝉の音はするのにやっぱり友達はいない。
しかも夕方になってる。
泣きながら家まで走って帰りました。

続きを読む

薪を切らしていたので、家の旧式風呂にくべる枝を拾いに森に入った。
それほど奥までは行かず、家が見えるくらいのあたりで薪代わりの枝を拾い集めた。

ふと顔を上げると、目の前に出来立ての小さな納屋があった。
家の者は納屋を作るなどとは誰も言っていなかった。
不審に思い引き戸を開けてみると、作り付けの棚の上に小さな陶製のお稲荷さんが五十体以上づらりと並んでいる。
分けがわからないので薪拾いを続け、先ほどの場所へもどった。

続きを読む

今年の夏くらいに、『マンションの近辺でちょっとおかしい感じの物乞いがうろついてるから、気をつけてね』みたいな注意があって、なるべく1人でうろつかないようにしてた。

ある日の帰宅時にマンションの敷地内歩いてたら、後ろからカート押す音がするのよ。
で、振り返ったら、髪振り乱したおばあさんが訳の分からないことわめきながら高速で接近してくるわけ。
カート押してるのに高速。
通常のおばあさんの三倍くらい。

続きを読む

前に住んでたマンションでの出来事。

その日は携帯で先輩と話してたんだよ。
15分くらい話してたところで、先輩の声にノイズが混じるようになった。
具体的に言うと、所々テープの早回しみたいなノイズ。
変に思いながら話しを続けようとしたんだけど、どんどんノイズの頻度が多くなって最後は声全部がノイズになった。

「なんんだコレ?」と思ってたら、ノイズの音が消えたんだ。

続きを読む

「今度の休みは鬼子母神トンネルに行こう」

Aがそう切り出して、Bの表情が曇った。

B:「あそこは・・・やめたほうがいいよ。あそこ以外なら」

いつもならホラースポット巡りに乗り気のBが珍しく消極的だ。

会社の同僚である俺とAとBの3人は、今度の休みに霊にまつわる名所に行こうと決めていた。

続きを読む

↑このページのトップヘ