怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

うちの祖母は実家で祈祷をやってた。

子供のころから祖母がその手の話を俺に聞かせてくれてた関係で、小、中学生くらいまでは俺もふつうに霊とか信じていた。
でも自分に霊感が全くないことも味方し、高校にあがる頃にはなんとなく信じられなくなって、「霊なんか居ないのに、うちのばあちゃんは何で平然と嘘つくんだ?詐欺師なのか?」みたいな感じで、祖母と若干距離を置くようになっていた。
そんな状態が、だいたい大学二年くらいまで続いた。

で、大学二年生のときの話。

あるとき母と姉が近くに遊びに来ていて、俺の下宿に泊まることになった。
晩飯を奢ってもらい、スーパー銭湯いって、帰りにツタヤでDVDを何本か借りて三人で下宿に戻った。

続きを読む

久しぶりに祖母の元へ帰省した時、子どもの頃、帰省のたびに遊んでいた近所の神社へ甥っ子を連れて出かけた。
着いてみると、記憶よりもこじんまりした境内だったが、遊具がそっくり当時のままで、おかしかったけど嬉しかった。

砂場には小学生が5人位いる。
夏休みだなぁ・・・と思い、一層昔を懐かしく感じた。

甥っ子は早速滑り台に飛びついて何度もせわしなく滑っている。
その様子を見守っている内に、なんだか腑に落ちない気分になった。

「次はあれ!」と手を引かれてブランコに向かい、甥っ子を軽く押している間もその違和感が消えない。

なんだろうな?と思い周囲を見渡してみる。

続きを読む

うちの大学は毎年学園祭でワンフロア全部使ってのお化け屋敷が恒例のイベントでな。
それがまた毎年何かしら不可解な出来事が起きるので有名。

一応作業開始前と撤収後に神主様にお祓いをしてもらってるんだけど、前回の学祭でもいろいろあったらしい。

そのうちの一つで、俺の友人が体験したらしい準備期間中の話。

その日も例年のごとく、大人数で夜作業時間ぎりぎりまで準備作業を行っていた。

大方は自分の荷物を持って外付けの階段から一階まで降りたんだけど、先生と残り数名は機材確認してから全員で一気にエレベーターに乗り込んだ。
エレベーターの扉を閉める前に先生が「おーい、もう誰もおらんなー?」とフロア全体に響くように声をかけたところ、「はーい!いまーす!」と奥の教室から声が・・・。

続きを読む

友人の話。

幼い頃、彼は実家の山村で迷子になってしまったという。
つい山奥へ踏み込んでしまい、気が付くと何処にいるのかわからなくなっていた。

何時間歩いただろうか?
疲れ果てしゃがみ込んだ耳元に、声が届いた。

「おーい」と呼ぶ声だ。
麓の方から響いてくる。

あっちに誰か居る!

続きを読む

自分昔から怖い話とか怪談、心霊写真とか見るのが好きで、よくつべで見てたり、DVD借りて見てたりしました。

でも、大抵は創作、合成だと思ってるので遊び半分で見てましたね。

私一応、パソコン部なので、ネットをいじる機会があるので、つべとかサーフィンしてよく見てます。

つい3週間前だったと思うのですが、部の皆で某サイトにある心霊写真の動画を見てたんです。

そしてしばらく流していて「これ合成だ」とか「これシュミクラだろ」とか騒いでいたんです。
自分もそう思って騒いでいたのですが。

続きを読む

↑このページのトップヘ