怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

海外生活していたときに見聞きした怖い話をしていく。

NYの格安アパートアメリカ。
これは日本人留学生(知人の弟)が海外で体験したという話。

彼はNY暮らしをしてたんだが、NYは基本的に家賃が高い。
安い物件となると、ちょっと安全を無視した地域になるという。

だが、留学生に密かに伝わる、安全区域だけど家賃激安というアパートも確かに存在しており、彼はそういうところの1つに住んでいたそうだ。
幽霊と同居して・・・。

続きを読む

友人の話。

大学生の折、サークル仲間と渓流でキャンプをしたのだという。
季節は夏で丁度良い感じの砂地もあったので、西瓜割りをしようという流れになった。

ジャンケンで負けた後輩に目隠しをさせ、その場で三度身体を回してから挑んでもらう。
見当違いの方に向かうのを皆で笑いながら見守った。

「おいおい、そっちに行くと川に嵌るぞ」

誰かがした忠告も空しく、目の見えない後輩は川面に向かって足を踏み出した。
そのまま、つつっと何歩か水の上を歩いて渡る。

続きを読む

当時は高校生が携帯を持ち始めたくらいの頃で、18歳のその子は携帯を持っていなかった。
今のうちからバイトをして、大学生になったら自分で買うんだと言っていた。

俺は彼女より年上で、二年長くそのバイトをやっていたので、会うとよくバイトや勉強のことで話しかけられていた。

ある日バイトを終えて控室に戻ったら、先に上がっていたはずの彼女が、まだ椅子に座っていた。
それも一人で。

時間も時間だし、なんだか思いつめたような感じだったから声をかけた。

「最近夜にバイトあがると、誰か後ろからついてくる感じがするんです」
「一人でお店出るの怖くて・・・・・・もしよかったら、途中まで一緒に帰ってくれませんか?」

続きを読む

昔馴染みの話。

山間の実家で暮らしていた頃、彼はよく川で泳いでいたという。

ある夏の日、友人と連れ立って、普段は誰も行かない淵の方へ泳ぎに行った。
楽しく泳ぎ遊んでいる内、友人の一人が奇妙な物を見つけた。
淵の深みに、一抱えもある木箱が沈められていた。

一体何の木で作られているのか非常に重い代物で、皆で苦労しながら引き上げてみた。
鉤を引っかけ止めるだけの単純な蓋。
鍵は掛かっていなかった。

続きを読む

今から20年ぐらい前のことなんだが、ある女性が会社の寮に住むことになったんだが、そこは畳部屋の古いアパートを会社が借りきってる寮だった。

それで部屋が二つ空いてて彼女は角部屋を希望した。
そこは室内に御札が貼ってある部屋で、会社の人からも「でるらしいよ」と言われたそうだ。

あまり霊とか気にしなかった彼女は普通に1日目を過ごしたんだが、2日目か3日目か忘れたが夜中に窓の外に誰かか立っているのに気づいた。(彼女の部屋は一階で古いアパートなのでベランダなどないタイプ)

続きを読む

↑このページのトップヘ