怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

小学生の頃だから20年以上前の話です。

学校が終わるといつも自分を入れて4人で遊んでたんだ。
だいたい公園とか神社とかで走り回ったりミニ四駆とかで遊んでた。
確か小5の夏だったと思う。
神社で遊んでる時に泣いてる女の子に気がついた。

「なんか泣いてるのがいるな」

「めんどくさいから公園行こうぜ」

とか話してたら女の子がこっちに来たんだ。

「お母さん、いなくなっちゃった」

話しかけられた時はもう泣いてなかったけど、目を腫らして小さい声で言ってきた。
たぶん小学校低学年で自分たちより年下に見えたな。続きを読む

高校の時の話。
通ってた高校は交換留学があって、行き先はNY。

お世話になった家は工場勤務のパパと、学食でパートのママ、同じ年のジェニファーと3歳年下の妹、10歳年下で小学生の妹がいて、毎日が賑やかでユーモア溢れた楽しい家庭だった。
自分は英語が得意な方だったけど、やっぱ辞書無しでは分からない事も多かった。

パパがボランティアでやってる消防団の仕事で、夜いなかった時の話。続きを読む

最初に書いておくが、この事件は迷宮入りであり、犯人はわかっていない。

昭和10年代、福井のある村で、ある小売商の家に夜半10時頃、訪問者があった。
「本家からの使いです」といって表戸を叩くので、妻が起きて出てみると、赤毛布を頭からすっぽりかぶって、本家の提灯(ちょうちん)を持った男が軒先に立っている。
本家で急病人が出たから、呼んできてくれと頼まれたというのだ。続きを読む

高校くらいかな・・・。
今まで霊感0だったのに霊感が急にでてきて、最初は金縛り→鳥の囀りが人の呻き声→心霊スポットでみまちがいって思うような物を度々見るって感じだった。
しばらくすると金縛りの解き方も本能的にわかって解けてたんだけど、環七沿いの後輩の家に泊まった時だけは別だった。

二人で雑魚寝をしてて、明るかったから明け方頃だったと思う。
ふと目が覚めたと思ったら、指先や爪先から徐々に金縛りにあった。続きを読む

↑このページのトップヘ