怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

オレ30歳東京住みなんだが、地元の中学時代の友人と10年ぶりくらいに電話で話していて、話が同窓生のことになり、そのなかで自殺した友だちの話になった。
そいつはすでに結婚していたのだが、生活苦から家族を捨て、自殺したという。
そんなことをするような奴ではなかったので、驚きながら話を聞いていた。

その友達の名前を仮に島谷とする。

続きを読む

高校の時に新聞配達をしてた。
その時とっても怖い思いをした話。

配達してたのは、俺が住んでいた団地8棟。
朝五時前に起きて、俺が住んでる団地の1階の階段横に行くと、新聞が置かれてあって、それを自転車に積んで、1棟1棟配り回るんだ。
だから直接、新聞屋に行く必要はない。

団地というのが、4階建てで両端に階段があり、階段と階段の間に通路が通っていてその間に、101,102・・・106という風に6部屋あるタイプの構造だ。
1階は駐車場だから、10*の部屋はなかったんだけどな。
うちもそうだったんだが、貧乏臭そうな連中ばかりが住んでいた団地だ。

続きを読む

子供の頃に住んでた地方に伝わる土用坊主の話。

土用は年4回あって、この土用の入りから節分までの約18日間は、草むしりや庭木の植え替えその他、土いじりをすることは忌まれていた。
この風習は中国由来の陰陽五行説からきたようだが、この期間に禁を破って土いじりをすると、『土用坊主という妖怪というか土精のようなものが出てきて災いを為す』、と言い伝えられてた。

続きを読む

古い6階建てのビルに住んでる友人(A)から聞いた話。

そのビルはAの親戚が、Aの生まれるずいぶん前に建てたビルらしくて、安っぽいスナックとかが入居してる。
Aの父親がそのビルをいくらかで譲ってもらって、ちょうど空いていたビルの5階に家族で住んでいた。

Aの部屋でゲームをして遊んでたんだけど、部屋の窓側を塞ぐように箪笥やら本棚やらが配置されてて開けられないようになってる。
不思議に思って訊いてみると、「この窓は開けないから別にいい」らしい。

続きを読む

↑このページのトップヘ