怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

img_2

チャップリンの1928年の映画に携帯電話を持った女性の姿が映っていると話題になっている。

携帯電話は第二次世界大戦時には既に考えられていたものであるが、実際に登場したのは1985年である。

この1928年時にはまだ世に出ていない携帯電話が、なぜこの映画の中に登場しているのだろうか・・・。続きを読む

中学の同級生が早死にしてたことを、十年以上経って、唐突に知らされる。
何か納得できないっていうか・・・。

あんなに元気だったあいつが、どうして逝ったんだろう?
ついつい考えてしまう。
これも運命か、と納得するほど、人間ができていないのか。

「おまえは平気なのか?不安とか感じないのか?」

酒の席で、つい元気な友人にそうからんだりすると、「『そんなことはないよ』」と友人は神妙な顔つきになっていた。続きを読む

2年くらい前から、飼っているオカメインコのムウちゃんについてのブログを始めた。

当初は、記事を誰も見に来てくれないし、コメントも残してくれないので結構淋しかったんだけど、段々他の人のブログにコメントを残したりしていくうちに仲間が出来てきて、自分が書いた記事にもコメントが結構つくようになっていった。

その中の一人にAさんっていう結構人気のブロガーがいて、その人のブログも楽しかったし、残してくれるコメントも毎回適当なお世辞とかじゃなくて、興味のある記事にだけ的確なコメントをくれて嬉しかった。続きを読む

高校2年の頃の実体験を書きます。

夏休み中のある日、俺と友人A、B、Cは唐突にキャンプに行こうということになった。
場所は以前渓流釣り好きのCの親戚から聞いたキャンプに最適そうな山の中の河原の場所を聞き出し、そこへと向かった。

しかしどうも途中で道を間違えてしまったらしく、Cの親戚が言うのとは別の河原に到着してしまった。
ただし、そこも十分キャンプできそうな立地で、対岸は森だがこちら側は小石が沢山あり雑草も殆ど無い開けた場所でジメジメ感もなく非常に快適そうだった。続きを読む

ある夜に俺を真ん中に親父と弟とで寝ていた。
ふと夜中に目が覚めた。
小さい頃から俺は音に敏感だったから、何かが聞こえたんだと思う。
いつも豆電球をつけて寝ていたからまわりがよく見えたが、何もいなかった。
それでも何故か電球の辺りが気になって眠れない。

しばらくすると、そこからラジオのような音が聞こえてきた。

最初は「?」と思ったが、上の階に中学生のお姉さんがいたので、『その人がラジオを聞いているんだ』と思って、また眠る事にした。
耳を澄まさなければ聞こえない程のとても小さな音だったが、やはり音に敏感だった俺は眠れない。続きを読む

↑このページのトップヘ