怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

高校生のころに、ある友人から聞いた話。

その友人(以下A)は運動部に所属していて、福島県内のある青年の家で合宿をした。

夜、他の友人たちと、施設内をブラブラあるいたりしてまったりしてたらしい。
自販機のある区画でたむろしていると、ある友人が、「あれ、だれだ?」と。


続きを読む

もう5年くらい前だろうか。
俺は怪談話が好きな奴らと百物語をやった。
場所はあるアパート。

メンバーのひとりが借りているそのアパートは全部で六世帯の大きさで、その部屋は2階の真ん中。
両隣は空家だったので、少しくらい騒いでも平気だろうと集まったのである。

メンバーは俺を含めて7人。
午後10時を過ぎた頃から百物語は始まった。
最初のうちこそ半ば面白半分に話を進めていったが、一話一話と怪談が語られているうちに、部屋には徐々に緊張感が高まっていった。

続きを読む

引っ越したばかりの頃、留守電にしばしば変なメッセージが入った。
なんか人の多そうなザワザワした音を背景に、暗いトーンの女の声で、『・・・・・・あーあ、嫌だ嫌だ・・・やることいっぱいあるのに・・・何で私ばっかり・・・』みたいな、独り言みたいな文句をブツブツ呟く声が入ってて、しばらくすると切れる。

当時はナンバーディスプレイとかもまだあまり浸透しておらず、こっちから相手を突き止める術がなかった。

続きを読む

小学校の頃の体験。

私が生まれ育った地域は田舎の山奥で、小学校も全員で30人くらいの小さな小学校だった。
1年生から6年生までみんな顔見知りだったし仲が良かった。

私が4年生になった春に、新しい先生が引っ越してきた。
先生は若くてみんなの人気者だった。
先生は学校の近くのアパートに住んでいたため、日曜日は友達4人くらいで先生の家に遊びに行っていた。
田舎かつ山奥の地域なので本当に古いアパートだった。

続きを読む

↑このページのトップヘ