怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

11月、デパートの3階で無人のエレベーターに乗り込むと、既に4階のボタンが点灯していた。
直前に乗っていた人が他の階で降りたのか?と思い、ボタンを二度押ししてキャンセルした。

が、一瞬間をおいて再び4階のボタンが点灯した。
他に人がいたのに気付かなかったのか?と振り返ったが自分一人。

怖い系の話にはこんな話があったな、とすぐ想起したが、3階から4階までの移動中なので逃げ場はない。
エレベーターの誤作動(もしくは正常な動作)だと思おうとしながら扉の方を向いていると4階に到達。

扉が開いたが、出入りする人はいない。

続きを読む

パワーストーンっていうのかはわからないが、この話は十年以上前になる。

小さい頃からオカルトは身近な存在で、親が好きだったこともあって馴染みがあった。

ある時、鉱石を売ってるような場所へ出かける機会があった。

そこで確か水で磨いたタイプの石が沢山売ってあったんだ。
ずらーっと並んだ石を見て、手にとってははしゃいでいたのを覚えている。
ふっと目に入ったのが大きなクラックの入った水晶だった。

光の反射でキラキラと七色に輝いて、今までで一番綺麗だと思った瞬間だった。
凄く気に入って購入して肌身離さず・・・というレベルで持ち歩いていた。

続きを読む

当方、資料室配属ではないのだが、ひょんな事情から職場の事件簿を何冊か見る機会を得た。
この板に相応しい心霊事例みたいな不可解なものはワンサカあったけど、敢えて非心霊の事例を報告いたす。

覚えてる範囲から簡潔に言うと、「昭和61年に開放病棟で、入院患者(病名・性別・年齢は不掲載)が側管タイプの点滴に水銀を混入されてあぼーん」。

続きを読む

フェイクありの実話を。

知人夫婦は40代で、裕福。
子沢山で仲が良いすてきな夫婦だった。

しかし数年前、奥さんが鬱になり自殺未遂。
幸か不幸か助かったけど、奥さんは車いす生活になってしまった。

旦那さんは子供たちの世話と奥さんの介護で病み、数年後アル中に・・・。
で、ある日職場の飲み会で、深夜まで浴びるように酒を飲み、路上で爆睡してそのままトラックにはねられて亡くなった
トラック運転手は逮捕された。

続きを読む

こないだ久々に会った知人が後味悪だった。
むしろかすかにホラーかもしれない

その子5歳になる娘がいるんだけど、子供に敬語使わせてるのね。
誰区別なく丁寧語で、しっかりしてる感じで好感も持てるけど窮屈じゃないのかなとはつねづね思ってた。
会ったのはカフェ的なとこだったんだけど、娘が店員さんに思わず「うん」って返事しちゃって、それ聞いた知人ブチギレ。

「敬語で話せっていってるだろうが!」とか。

どっちかっていうとおっとりした子だったからもうビックリですよ・・・。
娘はゴメンナサイって言って俯いてた。

続きを読む

↑このページのトップヘ