怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

私には少しおかしい友人がいる。
Sから始まる少し珍しい苗字の男で、付き合いの長さ的には親友なのかもしれないが、個人的に悪友と呼ぶ方がしっくりくる、そんな奴だ。

和歌山の高校で知り合い、三年の間、それなりにつるみ。
卒業した後、私は単身赴任している父の元で世話になるために東京へ。

Sがどこへ進学するのかは、あまり興味がなかったのか聞き忘れていた。
あちらも同じだったのか、進学先について聞かれたことは一度もなかったと記憶している。
なので、もう会うこともないだろう、と考えつつ自転車をこいでいた四月の夕暮れ時・・・・・・普通に再会した。

続きを読む

自分は、運転代行の随伴ドライバーをしている者です。
これはその仕事の待機中、寝てしまった時の悪夢です。

そこは南側に公園、北側に某電話の会社がある片側一車線の直線にして300メートル程の道。
僕らは北側で、東に車を向けて待機していた。
暫く配車がかからなかったので、余暇が生じて眠気を催し、そのまま・・・、寝てしまった。

夢はすぐに始まった様だった。
夢の中の景色は、待機していたまさにその場所。
時間は夕暮れだった。


続きを読む

俺が中学一年生の頃かな。
家族揃って実家に帰って、ご先祖のお墓参りをしに墓地へ行ったんだ。

お坊さんが桶とかヒシャクとか持ってきてくれて、爺さんやご先祖達が眠る墓石に、水をかけたり花を変えたりお線香焚いたりしたんだ。

続きを読む

去年のお盆直前に父方祖母が90超えで大往生。
祖母は田舎の本家の隠居だったので、親の世代までは、亡くなった日から祖母宅というか父方本家(農家の日本家屋)に泊り込み。

だけどお盆という時期柄、お坊さんの都合がなかなかつかない。
結局お通夜まで4日ほど日にちが開いた。

続きを読む

うちからちょっと遠いショッピングセンターに車で行く途中に、昭和30年~40年代に建てられたであろう、すごく古い鉄筋コンクリートの病院がある。
土地の形状で道路の下(半地下)になってて、道路からは1階の上部分から2階が見えるんだけど、窓に鉄格子がはまってる。

続きを読む

↑このページのトップヘ