ある夜ふと気配を感じ、目が覚めた。
天井近くに白くぼんやり光ものが浮かんでいた。
目を凝らして見てみると、白い顔をした女の頭だけがぷかぷか浮いていた。

ぎょっとして体を起こそうとするが、動かない。
目を閉じたくても何故だか閉じることができない。
冬だというのに脂汗が滲んできた。

その女は、無表情のまま目だけを動かして部屋をきょろきょろ眺めていた。
こっちを見ないだけ救いだった。
固まったままどうすることもできず女を見つめていると急に、
こっちを見てつぶやいた。

「どこ?」

何が何だかわからない。
何を探しているんだ。
俺の部屋に何かあるのか?さっぱり見当もつかない。
震えていると、浮かんだ顔がずいっとこっちへ近づいた。
すぐ目の前、息がかかるほどの距離で
「ねぇ、どこ?」

目を見開き、口をかっと開けたその表情に恐怖が増し、
とっさに、「今はない!」と答えた途端、
意識を失ったのか、気がつけば朝だった。

夢とは思えない感触に震えは止まらず、
すぐに家を出て友達のAの家に行った。
そのままAの家に泊めてもらおうかと思った。
しかし、その日は良くても次の日家に帰って出たらどうしようと
不安になり結局、Aに泊まってもらうようにした。
夜更けまで話をして気をまぎらわしていたが睡魔には勝てず、
いつしか眠ってしまっていた。
そして、再びあの気配がして目を覚ました。

いた。

俺の上ではなくAの上に。
Aの顔を覗き込み、じっとしている。
Aは気付かず眠っているようだった。
ガタガタ震えながら、目を逸らすこともできず凝視しているとこっちへ
寄って来て目の前で、
「違う。ねぇ、どこ?」息がかかるのがわかる。

「今はない!」

また気を失ったようで、Aに起こされて目が覚めた。
夕べの話をしても、Aは何も感じなかった、夢だろうと笑った。
俺にはそう思えなかった。
心当たりは何もない。
部屋にはたいした荷物もないし、何を探しているのかさっぱりわからない。

今日も泊まっていってくれとAに懇願したが、用事があると断られた。
仕方がないので別の友人Bに、泊まりに来ないかと電話をかけた。
結果は同じだった。
Bの顔を覗き込み
「違う。ねぇ、どこ?」

「今はない」

俺は意識を失う。

恐くなった俺は、友人Cのところへ泊まりに行った。
部屋を替えれば何ごとも起こらないだろう。
友人Cは快く泊めてくれた。
しかし、Cの部屋にもあいつはやってきた。

眠ったCの顔を覗き込み
「違う。ねぇ、どこ?」

少し慣れたのか、思わず「知らねーよ!」
と答えた途端、顔がぶわっと視界一面に広がり、弾けたように消えた。
良かった。
いなくなった・・・。
そう安堵して、自分の部屋へ帰った甘かった。
その夜、また
「ねぇ。どこ?」

今までと違ったのは、顔に怒りの表情が見えることだ。
俺を責めるように、問い掛ける。

「ねぇ、どこ?」
「ねぇ、知ってるんでしょ?どこにいるの?」

神経がおかしくなりそうだった。
あいつは誰かを探しているんだ。
俺に関係するのか?
何もわからない。

それから俺は、友人を片っ端からうちの部屋に泊めた。
誰も何も見ない。
何も感じない。
しかし、あの女は毎晩俺に尋ねてきた。

「ねえ。どこ?」

そんな毎日が続いた。
気が狂いそうだった。
しばらくして、友人のHが泊まった時のこと。

目が覚めるといつもの女。
もうだいぶ慣れてしまった俺は、女を見つめていた。
Hの顔を覗き込みじっとしていたが、俺の方に顔を向けぐぐっと寄って来た。
しばらく俺の顔を見つめ「み~つけた」と、ニタリと笑った。
歪んだ笑みは何とも言いがたい、不気味さだった。

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

叫ぶと体が動き思わず外へ飛び出した。
近くの友人のとこへ飛び込み、ガタガタ震えて今までの話をした。
一旦、家に行こうと言われ一緒に部屋へ帰ってみると
寝ているはずのHの姿はなかった。

それ以来、Hの行方は知れない。
Hの家族に色々聞かれたりもしたが、
正直に話をしても頭のおかしな奴だと思われたようだ。
俺が埋めたんじゃないかという噂もあった。
当時の友人も離れて行ってしまった。

俺のせいなのか。
こんなことになるとは思っていなかったんだ。
Hとその女の関係はわからないまま。
Hはどこへ行ってしまったのだろう・・・