コンクリート壁の中に死体を埋め込み隠していたという事件やビルの霊障の原因が壁に死体が埋め込まれているから・・・。
など壁に埋め込まれているものは見えないだけにある種の恐怖をそそる。
そんな壁に関して鉄筋コンクリートの壁にまつわる話がある。
鉄筋コンクリートの建物の建設では、基礎を作る際まず鉄筋を組み、型枠を組み、コンクリートを流し込む。
怪談ならばその際、死体を埋め込むのであろうが、その中に小便や大便を混ぜ込むという行為が行われているという。

現場から離れ、トイレで用を足すのが面倒な場合立小便で済ますという話はよく聞くが、これらの行為は明らかに故意である。
壁の中に糞尿が混ざっているというのは使用する人にとって不快なだけではなく、建物にとっても良くないことらしい。
鉄筋コンクリートの寿命は鉄筋の寿命と云われており、小便などによってコンクリートの中の鉄筋が錆びて劣化が促進される・・・。
というのがその行為を行っている人間の話で、つまり悪意を込めて行っている。

鉄筋の劣化の真偽はともかくとして、壁の中に埋め込まれている悪意は体以上に怖いものがある。