私の家の廊下の突き当りが袋小路になっていたのを定年になったばかりでヒマを持て余している父が「スペースが勿体無いので物置にする」と言い出して、一人で工事しはじめました。

何かに取りつかれたように父は作業をし、わずか一日で上下二段で扉つきの物入れが出来ました。
翌日家に帰るといるはずの父が見当たらなく、また物入れの作業中かと思い廊下へ出てみると、物入れの扉には新たに南京錠が取りつけてありました。

結局その日父は帰ってこず翌日の晩になりました。
不安になった母に物入れのカギを壊して中を見てくれとせがまれ私も、父がカギをつけてまでしまいこんだ物が気になり丁寧に南京錠の掛っている金具ごと取り外しました。
中には薄ら笑いで虚ろな目をしている父が体育座りでこちらを向いてました。

なぜ外から鍵が掛っていたのかなぜ父が中にいたのか?
残念ながらその日以来ボケてしまった父から答を聞くことが出来てません。
今日も父は物入れの下段に入りこんで楽しそうに宙を見ながら笑っています。