僕が学生のころで確か昭和63年12月の出来事でした。
あの時は確か大学3年の時であった。
同じ高校の友達と二人で神戸三宮に出ていたら、高校卒業以来の別の友達と出くわした。

「おお、久々じゃないか」となって確かお茶かなんか飲んだ記憶がある。
その後、三人は最後に出会った友達の家に向かった。
さて、夜になって又これまた、この家に高校卒業以来の友達が来た。
彼は、この家にはちょくちょく来てたらしいが、僕とは卒業以来の出会いであった。

「いやーお前久々じゃないかどうしてたんだい」言われて、あれこれ盛り上がったのだが、これからが問題であった。

僕達は高校の時、6人で仲が良かったのだが、この時点でそのうち4人が偶然に集まったのだ。

「不思議だよな、今まで音信なかったのに」とか言ってた記憶がある。

「あと、NとWが来ればあのメンバーだよな」とか話してたら、夜更けになって驚愕すべき事を知ったのだ。
夜中4時ごろ突然Nが車で青くなってやってきた。

そして僕達をみるなり、彼も卒業以来なのにそれどころじゃないらしく、「wが昨日自殺していた」とwの家から連絡があったと語った。
もはや疑い様がなっかたのである。

卒業以来6人が集まる事などなっかたにも関らず、この日次々と5人までが出会って、最後に彼の死を知ったのだ。
きっと、彼が近くにいたのだと今でも思う。
この出来事の後、彼らとはこの10年さっぱり連絡をとっていない。
亡くなった友達がメンバーを集めてくれたとしか、思えない。

PS
この中の一人とはついこないだ、電車の中で出会いました。
名刺交換だけ致しました。