今現在も住んでいるのですが、築5年のまだまだ新しいアパートでの話。
その日もいつも通りベッドで寝ようと思ったんです。
部屋はアパートの一番上で角部屋。
ベッドは壁際に設置してあります。

他の住人の部屋はベットを隔てた側にあるんですが、隣は外出中のようでした。
んじゃまぁ眠るかと電気を消してベッドに潜り布団を潜って数分たったでしょうか。
何か聞こえてくるんです…「…イタ…あ…」
最初はなんだろうくらいにしか思ってなかったのですが、それが段々と俺の耳元で聞こえてくる。
段々ハッキリとそしてすごい勢いになってきたんです。

「…タイ…アタ…アタマ…アタマイタイ…アタマイタイ」

別に聞くつもりは無かったけど確かに聞こえる、女の人だ…ヤバイヤバイヤバイ。
もうすごい声で俺の耳元で聞こえるその声が全然止まらない。

「アタマイタイアタマイタイアタマイタイ頭痛い頭痛い頭痛い頭痛い頭痛い…」

俺もう何がなんだかわからなくて、でも全然それが終わらない。
背筋はゾクゾクするし全身ですごいヤバイって感じがビリビリする。
本当に危険な気がした。
何より本当に恐かった、俺もうビビりまくって何かしなきゃあって。

念仏なんて唱えられないし、でももう数十分はそれが続いてどうしようもない。
俺布団かぶったまま座禅組んでひたすら「南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏…」

その間もその声は止まらない。
俺のベタな念仏とその声だけ聞こえる状況がそれから10分程。

「頼むお願いします帰ってくださいお願いします、お願いします、お願いします」。
声出して頼んでた、スゲェアホだったかもしれないが必死だった。
その後それが止むまでどれくらいか全く覚えていません。

止んだ後すぐに飛び起きて電気をつけTVをつけ先輩に電話。
マジで体がガクガク震えるし、その日は結局朝まで起きっぱなしでした。

それから先輩に言われたとおり、塩を部屋の四隅に巻き(食卓塩しかなかったけど)
夜中にパラパラ部屋に塩巻いてる姿は自分でもどうかと思ったがあの時はマジでした。
普段そんなの信じてなかっただけに、自分にとっては一番恐かったんです。