とある所に4人の家族が住んでいました。
小学4年生の長女と小学1年生の長男、その両親の4人家族です。
父親はいつも仕事で忙しく休日も家族で外に出かけることも少舐めでした。

そんな日曜日の朝、珍しく父親は普段着の格好でイスに座り、朝食の席で「父さんと一緒にドライブに行かないか?」と子供達を誘いました。
2人とも喜んで「行く行く!」と大きな声を出し、話の話題はすっかりドライブの行き先でいっぱいになりました。
そして海まで車を走らせ、浜辺でお弁当を食べ楽しい時はあっという間に過ぎていきました。
日の暮れた頃、帰りの車内で子供達は疲れたのか、ぐっすり眠ってしまいました。
父親もハンドルはしっかり握りながらも少しウトウトしながら運転しています。

すると突然、前を横切ってきた大型トレーラーと必死で避けようとした家族の車が激突しました。
車は激しく大破し、元の原型を全く留めないほどのひどい状態です。
家族はすぐさま病院へ運ばれましたが、1時間後に小学1年生の長男が息を引き取りました。
父親と長女も出血がひどく一刻の予断も許さない状態です。
かすれゆく意識の中、長女は手術台の上で不思議な夢を見ていました。

それはいつもの朝食の風景ですが、ただいつもと違って皆静かに黙って食べています。
すると食卓に座る父親が暗い顔をしながら「父さんと一緒に行かないか?」と話し掛けてきました。
長女は何故だかすごく悲しい気持ちになり静かに首を横に振りました。

「そうか・・・」と父親は元気の無い声で席を立ち、玄関の方に向かっていきました。

突然、長女は奇跡的に意識を取り戻しました。
横には泣いて様子を見守っていた母親の姿が見えます。
それと同時に別の手術室で治療を受けていた父親がたった今息を引き取ったという知らせを受けました。