僕と友人Nの体験です。
友人Nは、とても明るい性格で、いつもニコニコしている元気な子でした。
高校を卒業してからも細々と連絡を取り合っていたんですが、どちらからともなく連絡はやがて途絶えてしまいました。
やがて5年程たったある日、突然Nから電話がかかってきました。

その時、どこで番号を調べたのかという素朴な疑問は、久しぶりの電話の喜びで思い浮かびませんでした。
しかしNの声は高校時代の温厚な雰囲気は全くありません。
元気のない疲れきった声で語ります。
「久しぶり。元気?最近あたしは調子悪くて。なんか久しぶりに話したくなっちゃって電話しちゃった」

僕は懐かしさよりも不思議で奇妙な感覚に襲われていました。
するとその時、僕の家のチャイムが鳴り響きました。

その鐘の音がNにも聞こえたらしく、「誰?!誰かきたの?!」と急に怒鳴り出しました。
なんでそんなに怒るのかな、と思いながら、僕は受話器を持ったまま玄関へ向かいました。
ドアを開けると、なんとそこにはNが立っていたのです。

僕はNが携帯で電話をしながら来たと思ったのですが、彼女の手には何も握られていません。
僕が目を見開いて入ると、玄関に立つNが驚いたように「どうしたの?そんなに驚いた?!」と、あの高校時代と変わらないNの明るい声が響きました。
僕が混乱していると、今度は電話の受話器からのNが言いました。

「チッ、もう少しで殺せたのに」

そう言うとブチッと電話は切れてしまいました。
そして受話器をおいたやいなや、受話器が爆発したのです。
この話をすぐさまNに話しました。
Nは、なんだか胸騒ぎがして仕方が無かったそうです。
それですぐに僕の住所をしらべて訪問してくれたそうです。

あのまま電話のNと話を続けていたら、僕の頭は爆発でコナゴナになっていたでしょう・・・。