昔、俺がバイトしてた頃の話。

小さなハコのパブだった(カウンターとボックスが1つだけの)
毎晩じゃないけど、カランと入り口のドアのと頃で音がするんだ。
大体朝方の3時頃かな・・・その頃は客なんて一人もいない店長と俺だけ。

「いらっしゃいませ!・・・?」誰もいない?
そうすると1ショット必ず店長がカウンターに置くんだ何も言わず。
俺いつか店長に聞いたさ。

「誰か常連さんで亡くなった人でもいるんすか?」
「う~ん?いないよそんな人?」

「だって何気にあの音がするとカウンターに・・・」
「ああっあれね!あの人が来た次の日ってなぜか大入りじゃない」

「俺も店出してから3年くらいだけど多分ココの店の前の常連かなんかじゃないのかな?今ではうちの守り神みたいなもんだで、あっちの人でも嬉しいじゃないか。今でも通ってくれるなんて」

俺「・・・」

こういう店長(マスター)の人柄のおかげか、未だにこの不景気に潰れずに10年以上もその店は営業してます。