現在、私の実家は改築工事の為に解体されている。
それは今は亡き祖父母の家で、今までにも何度も増改築を繰り返して来たが、土台の痛みが酷い。
去年祖母が他界した事もあって、ついに全面的な改修に踏み切ったのである。

話は解体工事の当日に遡る。
母は、大工に飲み物を差し入れたりしつつ、工事を眺めていた。
ある時、サイレンを鳴らし、一台のパトカーが表通りを走って来た。
続き、救急車、消防車のサイレンも聞こえ始める。

「何か事故でも起こったのだろうか?」
野次馬根性丸出しで表通りに出た母。
だが、何とそのサイレンは全て母の前で止まったのである。
ドヤドヤと駆け降りて来た彼等は母に尋ねた。

「Yさんのお宅はどちらですか!?」

それは、既に13回忌を迎えた祖父の名前だった。

聞くに、「老人用の携帯型緊急用アラームが鳴った為、急いで駆け付けた」との事。
しかも一切の状況が掴めない為、警察、救急、消防全てがやって来たと言うのだ。

呆気に取られた母だったが、既に祖父母が他界している事や第一、家が無い事を説明し、帰ってもらったそうだ。
だが、駆け付けた救急隊員等は、「絶対にここからの通報で間違っていない筈だが・・・」と、最後まで納得していなかったという。

「解体工事中、電話線に妙なパルスが入り込んでしまい、偶然緊急通報として受け取られたのではないか」
この話を聞いて、そう言った者もいた。
だが、我々の見解はただ一つ。

「そんな、あの世からアラーム鳴らさんでも・・・」