韓国で広まったオカルト色の強い陰謀論。

日本植民地時代に朝鮮総督府が風水を利用して朝鮮民族を弱体化させようとしたとされる説。
日帝断脈説とも呼ばれる。

朝鮮半島各地に鉄杭を打っていたと主張されるほか、旧朝鮮総督府の建物が朝鮮王宮を塞ぐ形で建てられていることを証左としている。

常識的に考えれば、そうした鉄杭は測量や岩場の手すりのために打ち込まれたと考えられる。
そもそも風水は、朝鮮では広く信じられていても、日本人には余り馴染みが無いため、既に陰陽寮を廃し、近代文明を信奉する日本の官吏が風水に基づく事業を行ったとは考えられない。
実際、謀略説は地元の風水師の言い伝えなどに依ったもので、総督府の公文書などによる裏づけは一切取られていない。

なお、日本軍が行ったとされることがあるが、戦前、日本では地図作製は陸軍が行っており、通常の測量活動を陸軍が行っていた。

鉄杭除去運動金泳三政権下で国家事業に昇華した。
金泳三政権は、1995年、いわゆる「光復50周年」を記念して歴史立て直し事業を推進した。
その中の一つとして鉄杭除去運動が内務部の主管の下、大々的に実施された。

このことはかつてスターリン体勢下のソビエトで支持され、体勢崩壊とともに否定されたルイセンコの学説や、現代日本における「ゲーム脳」「フィギュア萌え族」のように内容や方向性が国家の方針や社会の風潮などと合致するなら、真実かどうか不明瞭でも「真実」とみなされる場合もあることを示す一例と言える。

尚、日本がソウルに設置した朝鮮総督府の建物が撤去されたのは1995年であり、皮肉にも1997年-1998年に韓国はIMF危機を迎えている。

結果いわゆる日帝(日本統治)時代に作られた地図が最近まで、最も正確であったが、水準点や三角点を排除した後となっては地図の修正もままならない。

後に空撮に拠る作図が行われるも、基準点の正確さすらあやふやで、例えば橋を造る際、両側から施工すれば中心部が合わない、トンネルに関しても同様。
これは橋やトンネルの左右の三角点がそもそも間違っている事により、正確な測量が困難な理由による。

GPS導入により空撮による地図が作成されたが、それまでの地図との誤差が最大で数100mあったという。