ある一人の男が遠くから私に何かを伝える夢をみました。
夢の中の私は何か得体の知れない恐怖感で、男に近づくことができず、結局何を言っているのか聞くことが出来ませんでした。

友人が死んだ日も同じ夢を見ました。
夢の男は友人でした。
目が覚めたとき、こういうことは実際にあるんだぁと思いました。
翌日、同じ夢を見ました。
今度は、男とが友人であることが分かっているので恐怖感はなく、私は近づくことができ、何を言っているのかが聞き取れました。

友人は「隙間だよ」と言って消えました。
消える瞬間、一瞬ニヤついたのが気になりました。
すきまの意味が分かったのは、タンスや冷蔵庫と壁などの狭い空間、つまり隙間のことでした。

今、私の家には隙間と呼べる場所はガムテ-プなどで閉じて一つもありません。
ガムテ-プを外すと、血に染まった真黄色のワンピ-スを着た女、両手のない赤靴の女の子、七五三の格好をした目のない男の子、顔の爛れた首だけの女に見られるからです。

死ぬ前、友人は「誰も隙間から霊に見られていることに気づいていないんだよな」と言っていました。