ある病院に、残り三ヶ月の命と診断されている女の子がいました。
友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんはまだその子の体がベッドの上で起こせるうちに、最後に写真を撮ろうと思い病気の子を真ん中にして、三人の写真を撮りました。

結局、それから一週間ほどで急に容体が悪くなり、三ヶ月ともたずにその子は亡くなってしまいました。

葬式も終わり、多少落ち着きを取り戻したお母さんはある日、病院で撮った写真の事を思い出しました。
それを現像に出し、取りにいって見てみるとその写真が見つかりません。
写真屋さんに聞いてみると、「いや、現像に失敗して・・・」と言うそうです。
不審に思ったお母さんは、娘の生前の最後の写真だからと、しつこく写真屋さんに迫ったそうです。
写真屋さんもしぶしぶ写真を取り出し、「見ない方がいいと思いますけれど、驚かないで下さいね」と、写真を見せてくれました。
そこには三人の女の子が写ってましたが、真ん中の亡くなった女の子だけが、ミイラのような状態で写っていたそうです。
それを見たお母さんはとても驚きましたが、供養してもらうと言い写真を持ち帰りました。

それにしても恐ろしい写真だったため、霊能者のところに供養してもらう時にこれは何かを暗示してしているのではないか?と尋ねました。

すると、霊能者は言いたがりません。

やはり無理に頼み込んで、話を聞ける事になりました。
その霊能者が言うには、「残念ですが、あなたの娘さんは地獄に落ちました」