2年くらい前の実体験。

当時オレは大学生で、夏休みの間はカラオケ店でバイトしていた。
大体週3~4くらいの割合で18時から24時まで働いていたと思う。

カラオケ店は家から近かったから自転車で通ってたが、その日は自転車がパンクしたもんだから、仕方なく歩いてバイトに行った。

ある日、バイトが終わって徒歩で帰宅中、住宅街を歩いてた時だ。
オレの左頬に「パシ!」って、何かが当たった。
けっこう痛い。
最初は、夏だから虫でも当たったのかと思って気にせず歩いてたが、また、今度は喉あたりに何かが当たった。
感触はさっきと同じ。
せいぜいカナブンくらいの大きさだと思った。
セミほど大きくはない。
なんなんだと思って、それでも歩いてたんだけど、また喉、左即頭部、左頬、喉・・・・・・って感じで、何度も左側の頭部に当たるんだ・・・。
これは虫じゃねえなと思って、急に怖くなって走って帰った。

家に着いて、鏡で自分の顔を見てみたら、何かが当たった箇所は赤く内出血みたいな痕になってた。
大きさはBB弾くらいで、やっぱり顔の左側に集中していた。
歩いてたオレの左側には大きな団地があったから、誰かが、団地の窓からエアガンでオレを狙って撃ってたんだと確信してる。
今もその団地はあるけど、近くを通りたくもない。