中学生の頃やたらホモに付け狙われた時期があったな。
それも複数のホモ・・・。

最初のホモは学校の後輩でラブレターを出してきやがったから黙殺。

二人目のホモはヤクザみたいなオッサンで電車でずっとチンコを揉まれてた。
チキンな俺はビビってしまって、オッサンがいなくなるまで石みたいに固まってた。
三人目のホモは普通の会社員のオッサンで、街中を歩いてたら援交のお誘いをかけてきやがった。
俺が10万円って言ったら何も言わないでどっか行った・・・。

極めつけは、近所の神社裏の山でクワガタ探してたら汚いオッサンに襲われたことだな。
いきなり後ろからタックルしてきて地面に押し倒されて、首筋や耳たぶをさんざん舐められた。

俺もビビってメッチャ叫んだら口を塞ごうとしてきたから、指に思いっ切り噛み付いてオッサンの手が緩んだ隙に振り返って目突きをかましてやった。

目には刺さらなかったけど、爪で近い所を切ったのでオッサンが苦しんでる隙に猛ダッシュで逃げて事なきを得た。
この一連のことは中2の夏の間に起きたことだけど、これ以前も、これ以後も、ホモに付け狙われる事はなかったな。

あの時期は一体なんだったんだ・・・。