外国であった話。

あるカップルが週末に山にドライブに出かける事にした。
山の奥まで車を走らせ、辺りはいつの間にか木々生い茂る人気のない場所。
彼らは妙な気分になってきて車を止めた。
もちろん、セックスをする為である。
座席シートを後ろに倒し、いい感じでいちゃつこうとしたその時、カーラジオからニュースが飛び込んできた。
『ニュースです。刑務所から連続殺人犯の○○が脱獄、現在××の山の中を逃走中。目撃者の話では、○○は右手にフック船長のごとく鉤手をつけている。付近の住民は危ないから早く逃げ・・・』

二人は真っ青になった。
××の山の中とは今まさに、彼らがいるこの場所だ。

「気持ち悪いから帰ろう」

彼女の言葉に、彼も異存はなかった。
彼は車を走らせ、一目散にその場から逃げ出した。

無事に街につき、彼らはホッと息をもらした。
危ないから家まで送るよ、と彼はそのまま車を走らせた。

彼女の家につくと、彼はいかにもレディーファーストのお国人らしく車を降り、彼女の側のドアを開けようと助手席に回った。

そしてその時彼は見た。

助手席のドアに、血まみれの鉤手が引っかかっているのを・・・。