電波少年やテレビチャンピオンの司会でもでもおなじみの松本明子さん。
バラエティー番組で見かけることが多く、汚れ役も多い(多かった)彼女が元アイドルだったことを知る人は少ないのではないでしょうか?

そんなアイドルだった彼女が汚れ役になってしまったのか、その大きな原因と言われているが俗に言われている「四文字事件」です。

彼女が出演したあるスペシャル番組で、共演者の男性芸人に彼女のボーイフレンドの名前をばらされそうになってしまったのです。
アイドルにとってはボーイフレンドの存在が公になってしまうのはイメージダウンにつながってしまいますので、彼女は当然嫌がりました。

共演者の男性芸人は「黙ってほしかったらあの四文字(女性器の俗語)を言え!」とはやし立てます。

すると彼女はマイクの前でその四文字を躊躇無く言ってしまったのです。
この一件を機に、彼女はしばらくテレビから干されてしまいます。

そして、復帰後はバラエティーに多く出演することになり、現在の地位を築きました。
アイドルとしても微妙だった位置にいた彼女にとっては、かえって四文字を発言したことで有名になったというわけです。