騒音おばさんとは、奈良県生駒郡平群町の主婦が約2年半にわたり大音量の音楽を流すなどの方法で騒音を出し続け、それにより近所に住む夫婦を不眠・目眩などで通院させた事件の犯人である。

騒音おばさんの真実とは、騒音おばさんは加害者ではなく、実は被害者であったとする『説』の事のこと。

実は事件の被害者夫婦は創価学会員で、容疑者・K(以下おばさん)が創価学会の入信を断った為、被害者夫婦が報復としておばさんに対して嫌がらせを行っていたとする説で、創価学会とマスコミがこの真実を隠蔽し、おばさんを落とし込んだとする物である。

ちなみに被害者が創価学会員であることなどの情報が確認できるソースは2ちゃんねるの書き込みのみである。

また、事件の会った地域の住民への聞き込みでは加害者は元々は温厚で凄く愛想のいい人物だったという証言がいくつもあります。