今の彼女と付き合いだしたばかりの頃の話。

当時俺は学生で、彼女は就職し一人暮らしをしていた。
当然のように彼女の部屋に上がり込み半同棲状態に。

彼女には俺の前に付き合っていた元彼がいた。
その元彼は今でも彼女のことを引きずっているようで、しつこく電話を掛けてきたり、部屋の前で待ち伏せをする事もあった。

「俺がそいつと話そうか?」と進言する。

「ダメダメ、あいつ体おっきいし何するか分かんないよ」

「警察に言った方がいいんじゃない?」

「んー、一応前付き合ってた人だし、私のせいで犯罪者にするのもね」

彼女に危害を加える様子はないとの事なので、それ以上無理強いはしなかった。

お盆休み、彼女は実家に一週間帰省した。

「私いない間部屋にいていいよ」そう言われてた。

俺も実家に戻ればいいのだが、まるで自分が一人暮らしをしているようで嬉しかったのと、ゲーム機を彼女の部屋に持ってきていた事もあり、遠慮なく寝泊りさせてもらう事にした。

その日は彼女の誕生日の前日だったが、帰省中と重なる為お祝いできない。
せめてメールだけでもと、12時にお祝いメールを送る事にした。

夜までずっとゲームをしていた。
暑かったのでエアコンをつけ、電気はテレビの明かりだけだった。
かなりゲームに熱中していた時

『ピンポーン』

突然チャイムが鳴った。
時計を見ると11時半。
誰だこんな時間に、そう思ったが世帯主でない俺は当然居留守を使う。

『ピンポーンピンポーンピンポーン』

常識のないやつだな、何時だと思ってんだ?

『ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン』

しつこいな、誰もいないんだよ!

『ドンドンドンドンドン○○○、オレー、いるんだろ?』

!!!元彼の奴だ!!!

しまった!彼女の誕生日だからお祝いに来たんだ!
見つかるとどうなるか分からない、とにかくここはやり過ごそう。

ポーズボタンを押し、コントローラーを握ったまま
まんじりともせず、諦めて帰るのを待った。

奴はかなり粘ったが、12時を過ぎた頃コツコツと足音が遠ざかって行くのが聞こえた。
多分日付が変わると同時にお祝いしたかったのだろう。

もう大丈夫と思い彼女にメールするつもりで携帯を手にした。

『ギシギシギシギシ』

窓の方からなにやら軋む音が聞こえる。

俺はぞっとした。
嘘だろ?ベランダに登ってくる気か!

この部屋は二階なので、雨樋をつたえば簡単に登れる。
とっさにテレビを消し、ベッドの影に隠れた。

その直後、タンという音と共にシルエットがカーテンに写る。
シルエットはうろうろと動きまわり、カーテンの隙間から中を覗こうとしているようだった。

「ドンドンドンいるんだろ?開けてくれよ」

奴は小声で呼び掛けてきた。

なんでいるって分かるんだ?ああ!エアコン入れっぱなし!
ベランダでは室外機がブンブン回っているはずだった。

何度も何度も窓を叩き呼びかけてきたが、一向に出てくる気配のない事に痺れを切らしたのか、ガタガタとサッシを持ち上げ始めた。
それ位で外れるはずはないと思いつつも心臓はバクバクだった。
いくらやっても開かないので諦め、ドンと窓を叩き、奴は再びギシギシと雨樋を下りていった。

つかの間静寂だった。
ベランダまで登ってくる奴の事、これ位で帰るはずがない。
そっと玄関へ行き、ドアスコープを覗いた。
心臓が止まるかと思った。

レンズには男の横顔がどアップで映っていたからだ。
奴はドアに耳を当てて聞き耳を立てていた。

微動だにできず、レンズから目を離すこともできなかった。
奴はしばらく中の様子を伺った後、徐に屈み込んだ。

パタンという音とともに郵便受けが開いた。
やばい!いくら郵便受けに傘が付いているとはいえ、
真正面は見えなくても下側は覗き見ることができる。

気付かれないよう、見えるであろう片足を慎重に上げそっと壁に付いた。
すると今度は郵便受けからグググとごつい手が出てきた。

どこから持ってきたのか手には曲尺(かねじゃく)が握られている。
そいつでどうするつもりだ?その手を凝視した。

手は器用に動かされ、曲尺は鍵に向かって伸ばされた。
その様子から目が放せなかった。
曲尺は何度も鍵をかすめ、ペチペチと音を立てた。

体はふるふると震えていた。
息を殺し、変な格好をし続けたせいで体力は限界だった。
鍵も開けられるかもしれない。
時間の問題だ。

どうする?どうすればいい?

俺は必死に考えた。

警察に電話する?警察がきたらどう説明するんだ?
奴は捕まる?いや奴は俺が不審者と言うに決まってる。
奴は逃げる?俺は奴を知っている。

警察に突き出す?彼女はどう思うだろう。
いっそ戦うか?奴は俺を見るときっと怒り狂う。
俺が勝てるか?台所に包丁がある。
そんな事したら絶対刺さなきゃいけない状況になるんじゃ?

どうする?どうする?

パニックになった。
考えても考えても最善と思える策が思いつかない。
何度も盲牌を繰り返した曲尺は、確実に鍵を捕らえている。

焦りと恐怖と疲労がピークに達し、決断せざるを得なかった。
俺は思いっきり曲尺を持った手を上から蹴り下ろした。

それと同時に掛かっていなかったチェーンロックを速攻で掛けた。
奴は慌てて郵便受けから手を引き抜いた。

奴も急に蹴られたからビビったのか帰ってしまったが、むちゃくちゃ怖い夜だった。