修学旅行で肝試しが行われた。
メンバーは男子2人、女子2人の計4人。

全てはクジで行われた。
クラスの人数は27人。
一つのグループが3人となってしまう計算だった。
が、俺のグループは4人だった。

メンバーは仲の良い『高野』に少し気になる女子の『合川』さん、そしてクラスで浮いてる女子の『天野』だった。

肝試しの場所は本物の墓地。
本物の霊を見ても可笑しくも無い場所。

俺たちは順番待ちをしている時もドキドキしていた。
そしてついに順番がやって来た。

元々怖いものが苦手な俺は先頭を高野に任し、高野の後ろに俺と合川さん。
俺の後ろに天野がいた。

しばらく歩いていると墓地が見えた。
ここに入るのかよと俺たちは足を止めた。

墓地にはかなり気味の悪い霧が立ち、静寂に包まれた森の中にあった。
意を決してみんなで足を進め墓地の中に入った。

こんな場所に仕掛け人がいるのかよと思うくらい怖かった。
進んでいると明らかに笑いを狙ったような霊や、変装した先生が出てきた。

怖いと言うよりも面白かったので、気が付いた頃には緊張感も和らぎ、墓地の中も少しは慣れてきた。
しばらくすると、ようやく墓地の出口が見えてきた。

「あんまり怖くなかったな~」

笑いながら言い、俺の顔を見た高野は突然、「うぁぁぁああああ!!!!」と、俺たちをおいて叫びながら一人で逃げる。

俺たちも訳も分からずに高野の後を追う。

ここで走りながら後ろを見たのか、合川さんが俺に「やばい!後ろっ」と、それを聞いた俺と天野は反射的に後ろを見た。

一瞬しか振り返ってないので「それ」を確認することが出来なかった。
ひたすら走っていると、ゴール付近に息を切らし、しゃがみ込んでいる高野が見えた。

高野の周りには既にゴールしたクラスメイトが高野の周りに集まっていた。
俺たちがお~い!と手を振ると高野もその場にいたクラスメイトも悲鳴を上げ逃げ出した。

「何で逃げるんだよ!」そう口にしたかった俺だが、疲れに圧倒され声が出なかった。

足を止め、休憩しようにも後ろから迫ってくる「それ」が怖く、俺と合川さんと天野は息を切らしながらも必死に逃げる。
訳も分からない道を走っていると俺たちの宿舎が見えてきた。

先に逃げるみんなが宿舎の中に入る。
宿舎の入り口のドアを高野が閉めようとする。

「待って!待ってよ!」

泣きながら合川が叫ぶ。

「早くしろ!やばい!」

高野が今にも閉めようとする体勢で俺たちに叫ぶ。

何とか俺たちは宿舎の中へ入った。
急いでドアを閉める高野。
その場にいたみんながホッとした。

ここで俺は高野に問う。

「何で逃げてたの!?マジ焦ったわ~」

高野が俺に怒鳴り返してきた。

「お前気付かなかったの!?」

ここで宿舎に待機していた担任の先生が慌てて走ってきた。

「お前らに何があったかは後でじっくり聞く。グループのメンバーはちゃんと揃っているのか?」と、先生が言うと、高野が俺たちを見る。

「ちゃんとみんないます・・・」疲れた声で高野が答えた。

辺りを見た俺。
ここであることに気が付いた。

「あれ天野は?」

俺が口にするとその場にいたみんなが顔を真っ白にした。

その後、天野は外で泡を吹いて気絶しているのが見つかった。
天野に聞いても、その時の記憶がないと言う・・・。

みんなが逃げた理由は・・・人型の白い煙が迫って来たというが、見てない俺は怖いけど、微妙な気分だった。