ゴキブリ

『TVジョッキー』(テレビジョッキー)という土井まさる司会の視聴者参加型テレビ番組が、1971年から1982年まで、日本テレビ系列で日曜日に放映されていた。

「テレビジョッキー」は、白いギターとEDWINのジーンズが番組の目玉賞品であり、その「テレビジョッキー」のコーナーで「奇人変人特集」という名物コーナーがあった。

日曜午後1時という時間帯にもかかわらずそのコーナーは生放送でとんでもない事件を起こした。

ある男性がフライパンに大量のうじ虫を炒め、それをすくって食べた。
次に、生きたゴキブリを3~4匹竹串に刺したものが出てきた。

ゴキブリはまだ生きていて羽や足、触角をさかんに動かしている。
ゴキブリの串刺しを炎であぶり、食べたのである。

焼き鳥でも食うように、何匹も食べた・・・。

スタジオのギャラリーは悲鳴で騒然となり、土居まさるが「お食事中の方は、テレビを消してください。食事中の方はテレビを消してください」と絶叫した。

数ヵ月後、その飲み込んだゴキブリはメスで卵を持っており、おなかの中でゴキブリの卵が孵化して、胃や腸内臓をゴキブリの幼虫が食い破り、死んでしまったらしい。
その後『雑誌GON』や『特命リサーチ200X』で本人の生存を確認したとしているが実は確認は一切されておらず、生存説が都市伝説である。

ちなみに2001年にイギリス人のケン・エドワーズによって、1分間に36匹のマダガスカルオオゴキブリを生食いするという世界記録が樹立されている。