豊胸手術

アメリカに住むある女性が豊胸手術を受けた。
顔立ちのよい美人であったが胸が小さくそれがコンプレックスだったのだ。
手術のあと担当の医師からは「胸に入れたシリコンが安定するまでしばらくは絶対に飛行機に乗らないでください。」との注意を受けた彼女だったが、それから数週間後出張のためにどうしても飛行機に乗らなければならないことがあった。
まだ安心できるほど日は経っていなかったが、彼女は医者の忠告を無視して飛行機に乗ることにした。

空港でも機内でも美人のうえグラマーになった彼女は注目の的だった。
しかし、飛行機が離陸し、高度をどんどん上げていくと彼女に異変が起きた。
手術をした胸に違和感が出てきて、苦しくなってきた・・・。

飛行機はそれでも高度を上げていく。
胸の違和感はさらに強まり、ボコボコと変な音をたててうごめきだした。
そして彼女の胸が大きく膨らんだかと思うと大きい爆発音と共にはじけた。

文字通り胸を血に染めた彼女は一命を取り留めたが、バストは手術をする前より小さいAカップになってしまった。
事故の原因は飛行機の気圧の変化に胸に入れたシリコンが膨張したためだという。

日本テレビの「世界丸見え~」で実話として放送されていたのをよく覚えています。
ですがほかの都市伝説同様に確定的なニュースソースは不明です。

シリコンは豊胸手術で有名になりましたが、パックが破れるなどの事故が起きたために日本では使用禁止となりました。

完全に使用禁止となり、シリコン=あぶないという図式が日本人の頭から薄れていくと同時にこの都市伝説も消えていくのかもしれません。