デスファイル

1週間くらい前の話。

俺は彼女と俺の家の近くのビデオ屋に行った。
そこで、俺は新作の映画を借りようと棚を見ていたら、彼女が1本のビデオテープをニヤニヤしながら持ってきた。

「これ見たかったんだよね~」

そのビデオのタイトルは『デスファイル』だった。
俺はグロが嫌いなんで、「今日はやめよう」と言ったが「絶対みたい!」とお願いするので、仕方なく借りた。

帰りに深夜営業のスーパーで豚カツ弁当を買った。
家に帰り、彼女は弁当を食べて一息ついた頃、買ってきたビールを飲みはじめた。
普段はおとなしくお嬢の彼女は酒が入ると柄が悪くなる。
酒癖が凄く悪い・・・。

彼女の酔いがまわり始めた頃、彼女は「ビデオ観よ!」と借りてきたテープを観始めた。
俺は心の中で「キモイから観たくね~」と思いながらも仕方なく観ていた。
すると彼女はビデオを観ながら「タイは貧乏人しか居ないから、この人たちは(テープにうつった野次馬等)出演料一人50円だよ」とか、「この死体はタイのタレントで出演料1000円だよ」と爆笑しながら観ていた。

爆笑しながら観ている彼女に俺は、かなり引いた。(人権侵害も甚だしい・・・)

「この子供はチョコレートに吊られて出演したよ」と言いながら爆笑している彼女に、俺は「あんま、やめとけって!呪われるぞ」と言った。

しかし彼女はやめるどころか、また爆笑しはじめ「こんな作り物で呪われるわけないじゃんwあんたは純粋だね~」と聞き耳もたない。

ビデオを観終わり彼女は一言「あ~つまんなかった時間の無駄だね」と言って部屋から出ていった。
多分トイレだろうと俺は思い借りてきた洋画を観はじめた。

しかし、15分たっても彼女が帰ってこない。
それから、しばらく時間がたっても部屋に帰ってこないので、さすがに心配になってトイレのドアをノックした。

返事がない・・・。

仕方ないのでドアをひねったら鍵が、かかってなくてドアを開けるとトイレの中に彼女の姿はなかった。

「あれ?風呂かな?」と思い風呂場のドアを開けた。

すると狂ったように風呂桶を舐めている彼女が居た。
俺はびっくりして、彼女を無理矢理引っ張って風呂桶から出した。

「何、やってんだ!汚いだろ!」と言うと彼女は「綺麗にしなきゃ・・」と風呂桶に戻ろうとするので、必死に力いっぱい部屋に戻し水を飲ませた。

その後、彼女は倒れるように眠り昼まで起きなかった。
次の日、風呂桶の事を聞いても「知らない!知らない!」とびっくりしていた。

あれは呪いだったのだろうか?
あと『デスファイル』はやらせなんですか?