父と母と娘と、一人の召使いがその家に暮らしていた。
両親は一年の三分の一を留守にするほど仕事に忙しかった。
娘の相手さえ出来ないほどに。
その代償として、両親は娘にぬいぐるみを何個も与えた。

娘はそのぬいぐるみに両親の愛を感じた。
仕事のため家を空け、お互い会う事すらない日々が続き、夫婦の間に亀裂が入るのには、そう時間はかからなかった。
娘への愛もいつしか薄れ、ぬいぐるみを贈るのもただの習慣となった。
それでも娘はそれを愛の印だと信じて疑わなかった。

家にいる時両親は、娘に辛く当たるようになった。
やがて召使いもそれを真似するようになり、両親が仕事に出てからも、娘は苦痛の中で日々を過ごすようになった。
人の心にある醜い感情を知らない娘は、何故皆が突然自分に辛く当たるようになったのかわからなかった。

「ねえ、なんで私を叩くの?悪口を言うの?お父様もお母様もお前も。みんな私を愛してくれていたのに・・・何故突然?」

召使いはあまりにも無知な娘に答えた。

「貴方に対して愛を持ってる人なんてもう誰もいないんですよ」

言葉の後、召使いは娘を殴った。
裕福で美しい娘に以前から感じていた嫉妬のせいもあった。

娘は抵抗し召使いを突き飛ばした。
召使いは頭を打ち死んだ。
無知な娘は死すら知らず、何があったのかよくわからなかった。

動かなくなった召使いを見ながら娘はぼんやりと考えた。
皆は私に対する愛がなくなった。
どこかに愛を置いて来てしまったのだろうか?
どうすれば皆元に戻ってくれるのだろう?

愛を体に詰め込めば、また幸せな日々が帰ってくれるだろうか・・・?

「そうだ、昔のお父様やお母様の愛の詰まったぬいぐるみの中身を、皆の中に詰め込めばいいんだ!」

娘は良い事を思いついたと、とても喜んだ。

娘は母の部屋にあった小さな刃物でぬいぐるみの腹を裂き、綿を出した。
このフワフワとした物が両親の愛なのだと娘は思った。