これは俺が初めて霊を感じた経験談です。

その日俺は会社が終わりいつもの帰り道を歩いていた。
俺はいつも道をいつものように歩いて居たはずなのだが、いつの間にか知らない道に入っていた。

「道に迷ったかな~?」

わざとそんな事を口に出して得体の知れない恐怖を拭った。

10分ほど歩いていると知っている道に出たので安心したのもつかの間、すぐに異変に気づく。

その道はいつのも道のはずだが街灯が赤紫のような色をしている。
いつもこの時間は人もまばらで車も通るのだが、まったく人も車も通らない。
流石に怖さに耐えられなくなったので駆け出しました。

駆け出して数分もしないうちに道端にある物が落ちている。
それは、人の腕と血の付いたナイフ付きライフルが落ちていた。

俺はそれを見たときに絶叫したのだろう。
駆け出して一分もしないうちに声が枯れて喋れなくなった。
紫の街灯もいつの間にか淡いオレンジ色に戻っていた。
道にも人がたくさん居る。

俺は「戻れたんだ・・・」とその思いでいっぱいで家族の元に帰った。

「ただいまー」

返事はない・・・。
キッチンで料理をする音は聞こえる。

「おーい、お帰りくらい言ってくれよー。今日すごい怖い目にあったんだよー」

「あなた・・・」

「ん?」

「何で拾ってくれなかったの・・・?」

「・・・え?」

「私の大事なライフル・・・」

「・・・何言ってるだよ・・・冗談だろ?」

「ぐっ?!」

私は物凄い力で妻に首を絞められて死んだはずだった。
だが、朝起きるといつもの朝が訪れていた。

「あなたー朝よ、早く起きなさい」

いつもの朝だ・・・。
疲れててどうかしてたんだな・・・と思いダイニングへ向かい妻におはようを言う。

「きゃっ!どうしたのその首!?」

え?と思い鏡に自分を映したら首には手跡がしっかりと残っていた。
昨日のことを妻に話すと妻の顔色が変わる。

「昨日は顔面蒼白で帰ってきたのよ。」

そして妻は独り言のように続けて話した。

「この辺は昔変質者が居たのよ」

「昔、私はその変質者に追われて警察に相談したけど無視されたの」

「私は悪くないわ!あの人が勝手に落ちたのよ・・・そうよ!私は悪くない!」

話の全容が飲み込めないまま時間が過ぎ、20分・・・30分・・・と沈黙が支配していた。

結局詳しくは話してくれなかったが、彼女の親から聞いて大体の事情は飲み込めた。

昔この辺には武器マニアな人が居たらしい。
当時、小学生を狙った刺傷事件のニュースも結構流れた。
そんな時幼き妻はストーカーされたらしい。

マンションの階段を登っていると急にナイフが目の前を支配したらしい。
あまりの恐怖に変質者を突き飛ばした。
そのとき階段から落ちて自分で持っていたナイフ付きライフルが落下してきて自分の腕を切り落としたらしい。
出血多量と落下中に頭を打ったらしくまもなく死亡。

今でも毎年○月28日に不可解なことが身の回りで起こるらしい・・・。