日常に潜む怖い話を2つ程・・・。

【最近腹具合が悪い】
今から十数年前、本当にあった話です。
私は、体験者Aから直接話を聞いたという友人から聞きました。

某大手広告代理店に勤めるAとその友人は、ベトナムへ旅行しました。
旅の最終日、屋台で食べた煮凝りのラーメンは、大変美味だったそうです。

帰国後、激しい嘔吐と下痢、40度を越す高熱。
Aとその友人は同じ症状で苦しみます。
家庭医学書で確かめた所、コレラではないか・・・と思われます。

普通なら、そこで二人して病院へ行くところですが・・・もし伝染病に感染していることが知れたなら、自宅はもとより職場も消毒されます。
もちろん多大な迷惑が掛かります。
彼女らはそのまま仕事を続けたそうです。

激しい下痢の為、ついには便が白くなったそうで。
職場の同僚たちも、次々に感染「なんか、最近腹具合が悪く」などと言ってます。
しかし誰一人病院に行かず発覚はしなかったそうです。

幸い、死者は出なかったそうですが、この話を聞いた時、マジで洒落にならん!と思いました。



【目をひんむいてショック死】
男性が4人連れで旅行に行ったまま行方不明になったそうです。
警察がどこを探しても見つからない。
その4人は宿泊先の部屋で変わり果てた姿となって見つかったそうです。

問題なのは、その亡くなり方。
4人とも部屋の出入り口に向いた格好で、驚愕の表情で、心臓発作で亡くなっていたそうです。
そのうちの1人などは、指が食い込むほど床を強く握った状態だったそうです。

そして、部屋のテーブルの上には5人分のお茶の入ったコップが。
これらのことから何が言えるのかというと。

彼らの部屋に人間のお客が居たが、それが突如想像を絶する何かに変身、もしくは想像を絶する何かをみせつけた。
そのために全員がショック死したのではないかということです。
その宿泊先は閉鎖されたそうです。

そこに居合わせた者全員が目をひんむいてショック死する程の物って一体何?
おまけにそれが最初は人間の姿であったらしい。
そして、なぜこの4人がそんな目にあわされたのか?

とにかく色々謎だらけで、その話を聞いたときは想像すればする程怖かったです。