母から聞いた不思議な話を少し。
父の家系が霊感持ちらしく、父がよく女の子が泣いてると言って誰も居ない二階へ行ったり、電話の受話器から唸り声がすると言って突然電話を切ったりしていたらしい。

母が父に頼まれた物を取りに二階へ上がったら、女の子が描かれた絵画が壁に立て掛けられていて、手に取ってみた事があるが、その時はなんとなしに見ていただけだったらしい。

母が身籠ってから父は女の子関係で二階へは上がらなくなった。
母が不思議に思って聞くと、どうやら居なくなったらしい。

絵画を発見してから日が経っていたので、絵画も物置の奥の奥に行ってしまって見えなかった。
その後無事に出産。
子育てに励み、子供もすくすく育った。

中学辺りになってから気が付いたようにポツリと呟いたのが、「今思えば絵画の女の子とそっくり」だと。
それが私らしい・・・。
幽霊の女の子が消えて、私が生まれてから気配すら消えたと・・・。

母と父の家系は両方とも孫の顔を見ないまま亡くなるらしいのだけど、私が生まれてからはどちらの祖父母も元気。

私が社会人になってから母方の祖父が他界したけれど、今まで起きた家系の出来事を考えると驚くくらい違う。
あの女の子のおかげかな・・・とたまに思ったり。

余談だけど、そんな私は父から見事に霊感を遺伝してしまって、視界の隅に何か見える程度だったのが、今では話しかけられたり直視してもはっきり見えるほど強くなってきている・・・。

でも不思議なのが、夢でよく川を船で渡っていたり、寺に行って薬師如来と付き人(?)の地蔵の爺さんに会って来たりという不思議な夢を見る。
他にも恵比寿さまのお家に招待されたりと縁起の良い夢ばかり。

これも女の子なのかな?と思ったりしたけどおそらく私自身が寺とか好きだからだと思う。
しかし家系となんの関係があるのかって言うと、家族も同じ夢を見たり神様絡みの出来事があるらしい。