あんま怖くないかもだけど。
両親から聞いた話。

私が小学3年生のころ、母方の祖父が亡くなった。
母は昔からある墓に祖父を埋葬しようとしたみたいだけど、見栄を張った祖母が、でかい墓を建て直し、そこに入れると言ったので従うことにしたそうだ。

墓を建て直すなら、昔からの墓に入ってる先祖さまの骨壷を新しいほうに移動しなければならないので、日程とかお坊さん?とか調整して、いざ、移動しようということになったらしい。

その日は、私の両親、母方祖母、お坊さんの4人で、墓をあけて、骨壷を取り出していた。
そしたらまあ、昔からの墓だから、土葬時代の骨とかも出てきたみたい。
ちょっと怖いけどみんなで少しづつ出してたそうな。

そしたら、一個だけ、どうしても動かない頭蓋骨があった。
それなりに力のある父がしても、母と二人で抱えようとしても一向に動かない。
段々、両親は怖くなって、
祖母に「やっぱり、いかんかったのかね」と話したりしていたら、お坊さんが来て、その頭蓋骨にお酒をかけながら話しかけ始めた。

「大丈夫だよ、この人たちは新しいお家に連れてってくれるよ、心配しなくていいよ」

そんなことを長い間話しかけてたらしい。

そしたら、動こうとしなかった頭蓋骨がぽろっと動き出して、簡単に移動できるレベルにまでなったらしい。
慌てて骨壷に入れ直して、ドキドキしながら持ってきたって言ってた。
身近に心霊体験とかあんまりないからとても怖かった。

皆さんもお墓を移動するときはご先祖様にしっかり説明してあげてくださいね。