ある地域の小学生達は池の近くの林を遊び場としていて、大きな石の裏に潜む虫達を捕まえては殺すという遊びをしていた。
ライターで炙ったり、手足をもいだり、池に落としたり・・・・。
死ぬ間際に虫が見せる反応を楽しんでいた。

その日の学校帰りも、林に立ち寄っては虫を捕まえて残酷な方法で殺して遊んでいた。
ひき裂きの刑と言って捕まえた虫の脚を引きちぎり、ライターで炙り殺した。

しばらくして虫を捕まえるのにも飽きると友人の家に集まりゲームをすることに。
次の日の学校でのこと、グループの一人が自分のリコーダーが無くなったと騒いでいた。

昨日集まった家にも無いようだったので、おそらくは林の中でリコーダーが入った手提げ袋ごと落としたのだろうという結論に至った。

放課後、みんなで林に探しに行くと、池の近くの木の枝に手提げ袋が下がっていた。
中を覗くとリコーダは無事であったが、その他にしわくちゃのレシートとガチャポンの容器が入っていた。
容器の小さな穴からは液体が滴っていて、液でレシートもじんわり湿っていた。

レシートの裏には「てあしをもがれたきもちをかんがえろ」と、そう汚い字で書かれていて、ガチャポンの中には昆虫の脚や死体がぎっしり詰まっていた。

気味が悪くなったリコーダーの持ち主の男の子は手提げ袋ごと池に放り投げて、全員その場から走って逃げた。

それからしばらくして小学校に彼のリコーダーが落し物として届けられた。
届けてくれたのは名前さえ名乗らない老人の男性であったという。
職員室に入って来るなり、教師に無言で手提げ袋を手渡すと、何も言わずに去って行ったという。

リコーダーが入った手提げ袋には名前が書いてあったので、持ち主は直ぐに判明し、担任の先生から「もう失くすなよ」と彼に返却された。

恐怖に震えてリコーダーを取り出してみると、何やらカサカサと中から音がする。
リコーダー分解してみると、その中には小学生達が殺したと思われる焦げた虫の死がいや、虫の手足ぎっしりと詰まっていた。