日常に潜む怖い系を2つ程ご紹介・・・。

【夢だと思いたいです】
これはある本のモデルにもなってる僕が本当に体験した話です。

私の住んでる東京のある地域で10年程前に『遊ぼうおじさん』という正体不明な人がいました。
その頃小学生で、その人は紙袋に左右不対称な目を書いて頭に被っていました。
ちょうど首の辺りを縄で結んでたのを覚えています。

生徒が夜八時頃まで学校に残っているとおじさんが迎えにくるんです。
けどおじさんは絶対に校舎には入ってこれないんです。
僕は鍵っ子だったので家に帰っても暇なので、おじさんを見てやろうと思いました。

僕は先生の目を盗んで校舎内に七時半頃まで残っていました。
しかしやっぱり小学生なので、考えると非常に怖くなったから帰ろうと思った。
正面玄関は鍵がかかってるので開けられないからそのまま通り過ぎようとしました。

だけど玄関の外を見ると誰かがいました。

「あそぼう、あそぼう」

何回も繰り返して言ってます。

「絶対ヤバイ!」

そう思った私は一生懸命に走って違う出口に向かおうと思いました。
廊下の窓から外を見るとおじさんも走っています。

叫んでます。

「あそぼうー」

僕はもうどうしようもなく怖くなり広い所へ逃げたくなりましたが、気が付くと体育館まで来ていました。

あんな広い所に電気なしでは怖すぎる。
急いで電気をつけました。
しかし・・・一瞬で後悔しました

体育館の窓の前全部におじさんが立って窓を叩いていました。

「あそぼうー」

僕はそこで気を失ってしまいました。

次の日僕は先生にこっぴどく怒られました。
夢だと思いたいです。


【偶然だと思うけど】
1週間くらい前の話。
夜中の11時ごろ、雑誌の付録に付いてたDVDを見てた。

内容は『心霊特集』で、アダルトDVDに偶然映った霊の正体を検証するってやつ。
画像が結構グロくて「おおーすげー」とか思いながら見てたら、霊能者が出てきて色々しゃべってた。

なんかそれらしい解説を一通りしゃべった後で、突然それまで映ってたテレビの電源が消えた。(霊の映ってるシーンで一時停止して解説してた。)

よく心霊特集のテレビでも、カメラがおかしくなったり照明が消えたりするから「まーた、そんなベタな演出しやがって」とか思ってたら・・・いきなり停電して真っ暗になった。

ブレーカーも落ちてなくて、近所も真っ暗。
どうやら地域全体が停電らしい。

タイミングが絶妙だったので死ぬほどビビった。
それからすぐに復旧して、またDVD観ようとしたらもう停電したので、もうそのDVDは捨てた。

偶然だとは思うけど、気持ち悪かった。