俺、子供の頃、オランダのユトレヒトって街に住んでたのね。
親の仕事の都合で、俺が小学校1年生~6年まで。
本当は在蘭日本人は日本人学校に行くんだけど、俺はなんか日本人学校の空気がどうーも苦手でさあ、もっぱら地元の小学校に通って、オランダ人の友達と仲良くやってたわけよ。
で、ユトレヒトの街の郊外に俺んちはあったんだけど、ご近所でクラスも同じ、ロゥベルツ(男子)とイェシカ(女子)って子がいたのね。
この2人と俺で、毎日よく遊んでたんだわ。

ある日のこと。
3人でいつもの公園で、ハイディンズルッカっていう、まあ『かくれんぼ』みたいな遊びをやってたのね。
俺がオニで、単純なロゥベルツはすぐ見つかったんだけど、どうしてもイェシカだけ見つからないんだわ。
もう2人して必死で探してたら、公園奥の森からギャアギャアと泣き喚きながら走ってくるイェシカが見えたのね。
で、事情を聞くとこう言うんだわ。

イェシカ:「森の中に怖いオバケがいっぱいいた」

イェシカ:「鍋で人の手みたいなものを煮込んでいた」

んなわけねーだろ、と2人で笑うと、イェシカがマジギレしやがって、ホントだっつってんだろ!なんて言いながら叩かれたので、あまりの必死さに信じることにした。

で、こっそり見にいってみようってことになったんだ。
イェシカも皆で行けば怖くないってカンジで、恐る恐る案内してくれた。(そういうところ、やっぱコドモだよね)

森の中をちょー気をつけて静かにコソコソ歩いていくと、ちょっと広い野原の淵にでた。
そこでイェシカが「シッ!」と、しゃがんで身を隠した。
で、彼女がそっと指を指した先を見ると・・・いたんだよ。

大きな男が4、5人で焚き火を炊いてた。
全員黒いズタボロの服を着て、フードまでかぶっちゃってる。

顔は真っ白なのね、でもヘンな化粧をしてた。
くまどりみたいな感じの。
そいつらが、何かヘンな歌を大声で「アアアアアアア」ってカンジで大合唱しながら、火にかけた鍋をかき混ぜたりしてるんだ。
木でできたテーブルの上には・・・あれは人間???
そんなのがバラバラにされて乗ってた。
そして確かに鍋から、手首から先が出ていた。

イェシカは俺たちの顔とやつらを見比べて、ほら!って顔をしていた。
俺はあまりの出来事にただ呆然としているだけだったんだが、単純なロゥベルツが怖さに耐えられずに、叫んでしまったんだ。

ロゥベルツ:「アーーーーーーーーーッ!!」

奴らがいっせいにこっちを見た。
やべーよ、なんか1人オノ持ってるし・・・。

イェシカ:「ばか!!!!!」

イェシカと俺はロゥベルツをひっぱたいて掴み、夢中で逃げた。

奴らは「アアアアアアアアアア!!!」と叫んでたが、幸い追ってこなかった。

俺たちは、明かりのついている民家付近まで走って走って逃げ切った。
そして、イェシカが俺たちに言った。

「今日みたアレはきっと森の悪い妖精だから、今後森には行かないようにしよう」と(オランダでは、当時こういう考え方は割りとポピュラーでした。今はどうかしらんけど)

俺もロゥベルツも同意し、二度とその森には近づかなかったんだよ。
なんか、そのことを話したらそいつらに聞かれてそうな気がして、怖くて誰にも言えなかった。

その事件があって、こないだまで俺は、「あいつらはきっと、カルトの狂信者か何かだったんだろうな」って思ってたのね。

思い出してみればみるほど、卓上のバラバラ人間は人形だったような気もするし、きっとへんな儀式して遊んでたんだろうなってぐらい。
そしたら、こないだ見つかったんだってよ。
ユトレヒトのあの公園の森の中で、人骨・・・。
それもバラバラで、森の中の開けた野原の隅っこから出てきたんだって。
イェシカはもう連絡してないけど、今もやりとりしてるロゥベルツからメッセきたんだよ。
いや、偶然かもしれないけどさ。
もしかして・・・あのときみた鍋の中身なのかなって、ロゥベルツと話してたんだけど、やっぱ警察に言うべきだよね。