古着のポケットの紙の話。

古着屋でジーパンを買ったら、ポケットに幅2cm程に折り畳まれた紙が出てきた。
古着のポケットに何か入っていることはそうそう珍しくもないと思っていたので、気にせずそのまま捨てたのだけど、数日後、何気なしにポケットに手を入れるとまた出てきた。
絶対に捨てたはずなのに・・・。

この時点で相当怖くなったので、友達を呼んでその紙を開いてみる事に・・・。
友達はこんな怪奇めいたことが大好きなので喜んで来たんだけど、その紙を開いてみたとたん、顔を青くしてこう言った。

友達:「ここに書いてあることは知らない方がいいよ、この紙は俺が供養しておくから!」

供養?
私は不信に思ったのだけど、ホントに怖い話系もまともに聞けないぐらい怖がりなので、あえて紙の内容は聞かない事にした。

次の日、友達は原付バイクにはねられて右足骨折・・・。
絶対あの紙のせいだと思った私は、友人に紙の内容について聞いてみることにした。

友人もそうとう凹んでて、普段からは考えられないくらい元気がなかった。
ここで問いつめるのも気が引けたけど、もしあの紙のせいだったら・・・自分もただじゃ済まない気がして聞いてみた。

「事故は自分の不注意で起きたんだからあの紙は関係ない」となかなか教えてくれなかったけど、何度も頼みこむとやっと内容を話してくれた。

青いボールペンで「なんで俺は死んだのに、お前は生きてるんだ?」と、雑な字で書きなぐってあったらしい。
ちなみにその紙は、友人が神社で供養したといってる。

こんな雨の振る夜はどうしてもこの事が頭にこびりついて寝れない。
友人に担がれただけならいいのだけど・・・。