これは今まで誰にも話したことがないのだが、聞いて欲しい。

ちょうど2年前の今日。
俺は駅から家に帰る途中だった。
時間は夜の9時ぐらい。

俺の家は、まぁどこにでもある普通の住宅街にある。
ただ、近くに大きな国道があって、その抜け道として住宅街を通ってく奴が結構いる。
正直、迷惑だ。

そして、事は起きた。
住宅街の角を曲がった瞬間、俺は前から来たトラックに跳ねられた。
白いトラックだったと思う。

「あっ!」と思った瞬間、全身に鈍い衝撃が走った・・・。

・・・俺が覚えてるのはここまで。

俺は目を覚ますと、自分の布団の中にいた。

「えっ?」と思って、辺りを見回すが確かに自分の部屋だ。

夢か?いや、それはない。
鏡で自分の顔を見る・・・何ともない・・・。

「えっ?えっ?」と思い、親に昨日の俺がいつ帰ったか聞いてみる。
返答は、いつのまにか帰っていたとのことだった・・・。

夢?

でも俺は、布団に入った記憶は無い。
それどころか、家に帰ってきた記憶も無い。
本当に無い。
逆に、トラックに轢かれた記憶は鮮明に覚えている。
あの鈍い衝撃も確かに覚えている。
しかも俺はちゃんと、寝間着に着替えていた。

いくらなんでも、無意識で寝間着に着替えられるか?

他にもいろいろ調べてみる。
昨日着てた服や荷物を見てみる。
何ともない。

事故にあった現場を見に行く。
何ともない。

親に昨晩事故はなかったか?と聞くも、そんなことはなかったと言う・・・。

さすがに混乱した。
俺はおかしくなってしまったのだろうかと、怖くなった。

あれから2年、結局俺は今も生きている。
体調は良い。
この2年の間に健康診断を受ける機会もあった。
結果は良好だった。

今まで俺はこの話を誰にもしていない。
それは、俺の中に1つの仮説があるからだ。

その仮説とは、やはりあの時俺は事故に遭っていて、今自分が過ごしている世界は、植物状態かまたそれに近い状態の自分の脳内世界なのではないか?というものだ。

まるで、どら○もんの最終回の噂のような馬鹿くさい話だが、結構本気でそう思っている。
もし、このことを誰かに話して、ココが現実でないことが解ったりしたら・・・と正直怖い。

今日であれから2年。
意を決して書き込んでみた。
やはり俺は頭がおかしいのだろうか?
でも本当にあれは夢じゃないんだ。