バンコクに行ったときの話です。
カオサンロードという有名な安宿街から近い、8階建てくらいのショッピングセンターに行きました。

そのショッピングセンターは建築基準法違反ということで取り壊しを待っているとのことでしたが、1~2階はまだ営業していました。

そのショッピングセンターは1階から一番上まですべて吹き抜けになっており、エレベータから全体を見渡せる造りになっています。

吹き抜けの3階から上は暗かったですが、なぜかエレベータは動いていたので、興味本位から乗ってみました。
外は真昼で、まったく恐怖感などはありませんでした。

エレベータに乗ってとりあえず7階のボタンを押すと、『ゴウン』とという音とともに、上昇をはじめました。

3階を越えると、1階から見上げたときはわかりませんでしたが、上からはほとんど光が入らないことがわかりました。
吹き抜けの下のほうから光が入ってくるだけで、今いる階はほとんど何も見えないのです。

4,5,6階と上がるにつれ、より暗闇が深くなります。
外が南国の真昼だとは信じられないような暗さです。

乗ってみたことを非常に後悔しましたが、いまさら止められません。
そして7階に到着してゆっくりとドアが開きました。

そこは、まったくのがらんとしたスペースでした。
窓側はすべて光がふさがれており、遠くは見ることもできません。

吹き抜けからの淡い光だけが頼りです。
多少の光があることを頼みに、少しエレベータから出てみました。
手でエレベータの挟まれ防止用の部分を抑えたままです。

しかし、ドアが閉まりはじめました。
なぜか挟まれ防止用の部分を抑えていても、どんどんドアは閉まろうとします。
もう体を入れる余裕もなかったので、エレベータは閉まってしまいました。

すぐに下りのボタンを押しましたが、なんとランプがつきません・・・。
エレベータは無情にも1階に降りていってしまいました。

何度も下りボタンを押しますが、反応がありません。
あきらめて、回りを見渡しました。
少しは目が慣れたのか、遠くにエスカレータが見えます。

吹き抜けから離れるのはとても嫌でしたが、外国のことで
助けをもとめることもできず、降りるよりしょうがないと近づいていきました。

元々は婦人服売り場があったのでしょうか。
近づくと、ハンカチらしきものや、マネキンの残骸のようなものも見えてきます。
なるべくマネキンには目をやらないようにしました。

エスカレータはもちろん止まっています。
乗り口に木が置いてありますが、乗り越えられる程度です。
ベルトにつかまり、金属の段をカツンカツンという音をたてながら降りていきました。
外は30度近くあるというのに、妙にすずしく感じます。

5階、4階と降りていき、多少明るさが増してきたことで足取りを早めました。
4階から3階のエスカレータに移るとき、視界の隅におかしなものが見えました。

空中にアーモンド型の白いものが2つ。
それが2体。

目・・・のようでした。

それ以上は見ていません。
脱兎のごとく駆け下りて、なんとか人のいるところに出ました。

今から思い直すと、作業員の人かも知れません。
でもそれなら服も着ているでしょうし、タイの人はそんなに色黒ではありません。

何かの見間違いなのかもしれませんが、南国の真昼と真っ暗闇というミスマッチ、異国であることと言葉が通じないこと、上では動かないエレベータなど、非常に恐怖い体験をしました。