ある中学校で体育館に看護婦の幽霊が出るという噂があり、好奇心旺盛な仲良し五人組が噂を確かめるために夜の学校に行くことにしました。

その学校は体育館と校舎が渡り廊下で繋がっていて、体育館に入るには校舎を通らなければならなかったのですが、非常口が常に開いていたので、五人はそこから暗い校舎へ入りました。

体育館の前まで来ると、体育館のドアはわずかに開いていて中からは、『ガラガラガラガラガラ』
ともの凄い音がしました。
五人はとても怖かったので勢いで中に入ることにしました。

中に入ると『ガラガラガラガラガラガラ』というもの凄い音を立てて、髪を振り乱した看護婦がこの世のものとは思えないスピードで円を描きながら乳母車を押していました

五人の存在に気がついた看護婦はピタリと止まり、五人の方にゆっくりと振り返りました。
五人は恐怖のあまり一目散に逃げ出しました。
しかし、看護婦はもの凄い速さで追いかけてきました。

後ろを振り返る余裕がなくとも乳母車の『ガラガラ』という音で後ろから追いかけてくる看護婦の速さがわかりました。

パニックに陥っていた五人は仲間のことまで気がまわらず、五人のうち二人は非常口へ、あと二人は正面玄関へ、そして残りの一人はあまりの恐怖に判断力を失い、階段を登って二階へと逃げました。

うまく外に逃げ出した四人は仲間の無事を確認することなくばらばらに自宅へ逃げ帰りました。
学校に残された一人は、暗い学校の長い廊下を全速力で走っていました。
看護婦は階段までも乳母車を押したまま登ってきたのです。

距離はだんだん縮まっているように感じられました。
逃げ場を失ったその中学生は目の前にあったトイレに逃げ込みました。
左から二番目の個室です。
その個室の中でひざを抱え、震えていると看護婦の乳母車の音が近づいてきます。

そして、トイレの入り口まで来ただろうと思われた時に『ガラガラ、ガラガラ、ガラガラ』と今までとはちょっと違ったリズムの音がしました。

中学生にもそれが、看護婦が、トイレの入り口あたりを往復している音だ・・・ということがすぐにわかりました。

しばらくすると、看護婦はトイレの中に入ってきて、右から順番に『コンコン』とドアをノックし、「ギィィィィ」とゆっくりドアを開けては「ここにはいない・・・」と呟くのでした。

自分の個室に近くなるにつれ中学生の恐怖心は膨れ上がり、今にも失神しそうでした。
しかし、いざ左から二番目の個室の番になると今まで起きていたことが夢であったかのように何の物音もしなくなりました。
ノックの音も乳母車の音もしないのです。

「助かった」と胸をなでおろした中学生でしたが恐怖心が完全に消えるわけもなく、もうしばらくトイレにいることにしました。

長い時間が過ぎ、あたりは少し明るくなり、やっとトイレから出る決心がついた中学生はゆっくりとたち上がりドアノブに手を掛けました。
すると、目の前に長い糸のようなものが・・・。

ゆっくりと顔を上げると、看護婦が長い髪を垂らしてドアの上から中学生をじっと見ていたそうです。