専門学生時代の友達の話。

その友達をA子とします。
この人、変わった癖があります。
ファミレスなんかでお冷を取りに行ったりするでしょ?
そのとき1つ多く取ってくるという癖。

最初の頃はちょっと天然なのかな?と思ってたんだけど、聞いてみるとちゃんと理由がありました。

A子が小学生の頃、よく仲良し4人組で遊んでたそうです。
でも、その中の一人が亡くなってしまったそうです。

残された3人は子どもにありがちな奇妙な友情を発揮して、亡くなってしまった子がそこに居るもの、として振る舞うようにしてたんですって。
遠足で昼食のときも、4人で囲んでるような形で座ったりとか。

中学になってから3人は少し疎遠になってしまったけれど、たまに会うことがあれば同じようにしてたそうです。
高校で完全に別々になってからも、A子は続けていたというわけなのです。

目の前でやられるとマジで怖いものでして、お節介と思いつつも「やめたほうがいいよ」、とアドバイスしました。
本人も「そうだよねぇ、おかしいよねぇ、」と言っていたので、納得したと思い、その話はおしまいになりました。

それから半年後、文化祭か何かの打ち上げで一緒になる機会がありました。
彼女、まだ同じ事続けてました・・・。

お酒を二つ頼み、片方はそのまま置いておく。
氷が溶けたり、温まったりすると新しいのを頼む、といった感じ。
もちろんスペースも確保。

この時点でかなり引いてたのですが、知らない仲でもないし、「やめられなかったんだね~」と、軽い感じで話しかけてみました。

そしたらいきなり「わあああああ」って大号泣。
お酒の力もあったんだと思いますけど・・・。

打ち上げが変な感じになっちゃったし、私は心が痛むしで散々な目に遭いました。

祟りとかそんな出来事があったわけじゃないけれど、これからの人生もA子は誰かと一緒に生きていくのかと思うと、ゾッとした出来事でした。