不思議系でいくつかご紹介・・・。

【咲かないはずの桜が】
今は亡くなった父方のじいさんから聞いた話。

じいさんは子供の頃から、花見が大好きで、庭の桜が咲くのを楽しみにしていた。
桜が咲くとお母さん(俺の曾祖母)が団子を作ってくれて、家族で花見をするんだけど、当時だからお団子は御馳走で、それも楽しみだったって。

じいさんが8歳くらいの頃、曾祖父が桜の木を切って、柿の木を植えようとした事があったのだが、じいさんがとてつもなく、わんわん泣いて止めるから、じゃあ、切らずにこのままにしようと言う事になったらしい。

昭和18年の2月、じいさん24歳の時、じいさんは、あと2カ月もすれば桜が咲くと、凄く楽しみにしていたのだが、赤紙が来て出征しなければいけなくなった。
奥さん(俺のばあさんね)にも「桜が見れんのは残念だなあ」ってしきりに言ってたんだ。

それが、出征の日。
家から出たら、じいさんは仰天した。
2月にも関わらず、桜の花がホンの5、6個だけど咲いていたのね。

「俺のために桜が咲いてくれた。」

そう言って、じいさんは涙を流した。
後にも先にもじいさんが泣いたのはこの時だけだったから、ばあさんは凄く驚いたらしい。
そんな事があったから、戦争が終わってからも、じいさんは桜を大切にした。

もうひとつ驚いたのは、じいさんが亡くなってから2年後、桜は後を追うように枯死したって事。

今、庭には、枯れた桜から接ぎ木した、二代目の桜が毎年花を咲かせている。



【怖がりなおじいさん】
母が仕事場の同僚さんに聞いてきた話です。

同僚(以下Aさん)は、おじいさんと同居しているそうです。
おじいさんの趣味は盆栽で、なかなか良い作品らしく、展覧会などでいくつか賞をもらったこともあるそうです。
ある日のこと、いつも通り盆栽いじりをしていたおじいさんが、酷く動揺しています。

「どうしたの?」と慌てて聞くと、おじいさんは「喋った」と。
意味が分からず、「誰と?」と聞きなおすと、「盆栽が!喋ったんだ!!!」と声を荒げます。
Aさんは半信半疑でしたし、少し可笑しくなり、「なんて言ってたの?」と聞くと、「いつもありがとうって・・・」と。

それは良い事だねって言うと、おじいさんは静かになり、Aさんも本当の事なら、おじいさんの愛が伝わったのだなぁと嬉しくなったそうです。

と、ここで終われば良い話なんですが、このおじいさん余程怖かったのか、すぐに手元にあった全ての盆栽を売り、道具も手放し、その一件以来、盆栽には一切手を出していないそうです。
賞をもらう位なんですから良い出来なのでしょうに、ちょっと勿体ないw

お礼を言って売っぱらわれるとは、盆栽も思ってなかっただろうね。