俺は今までで三人の女性と交際してきた。
その中でも飛びきり色白で可愛くて性格もいい女性か今の彼女なんだが。

まぁ馴れ初めは、地方の大学入学してすぐに部屋の近くのコンビニでバイトを始めたんだけど、俺が深夜に入ってる時にいつも来てくれる女の子がいた。
フードを深く被って印象的だったその女の子に「あの、これ、お願いします」ってな感じでメアドを渡されたんだ。
そっからメールして付き合い始めたのはメール初めて3ヶ月位の秋だった。
メールをしてる期間は一度も会わなかったし、告白もバイト終わりの朝に告白された。
フードをがっつり被って。

OK出したらフード被ってても嬉しくてニヤニヤしてるのが見えて、俺もそれに惚れてしまったんだろうと思う。

結局フードを取るようになって色白美人を拝めたのは一回目のデートだった。
その時からおかしな事を言い出してた気がするんだが、先週その彼女にぞくっとさせられた事がある。

俺の部屋で映画を二人で見ていたんだが、この日はよくすりよって来たんだけどいきなり「なー、なんで私がコクるときフードしてたかわかるー?」とか言い出した。

いきなりだったし二人とも酒も入ってたから「しらねーw」って適当に流した。

彼女:「.......あのさー高二の時にさー死んでた蛇埋めてたでしょ?」

俺:「?そんな昔覚えとらんわ」

彼女:「私は知ってるんよ、コンビニに自転車でいく途中に見かけて、降りて埋めてったの」

俺は思い出した・・・。

けどその事は誰にも話さないし彼女とは出身もかなり違うし知るはずがないし・・・。
もうこの時は酔いがぴたっと止まってた。

「でな、私はコンビニで見かけた時運命感じた、とか思って。私のこと顔知っとると思ってたからフードかぶったん」

俺はもう意味がわからなかった。

もし俺の顔を三年間覚えていたりしたということなら怖いし、ガクブルしたんだ。

俺:「は?は?ちょまって何でそんな...え?」

彼女:「もー逃がさないよ」

そう言われて腕に腕を絡ませられた。
無茶苦茶相手の肌が冷たく感じた。
慌てて振りほどいて「風呂入ってくるわ!」って逃げたんだけど・・・。

その時にテンパってなのか酔ってなのか、便所で嘔吐した。
鳥肌も凄かった。
なんか体の芯から冷えて凍え死ぬかという感じだ。

彼女:「パジャマ忘れてるよー」

陽気な声色で風呂場とトイレのある周辺まで迫ってきた。
何時もなら何ともない会話だが自分の心拍数が上がってる気がしてならなかった。

俺:「.....お、おーそ、そこに置いといて」

そんなな感じで少しトーンおかしく返事した。
彼女は俺のパジャマとパンツを着替えのスペースに置いて離れてった。

そっから普通に風呂も入って彼女がTVを見ている部屋に戻った。
「おかえりんごー」と笑って迎えてくれる彼女の手を握ってみた。

先ほどの芯まで凍る冷たさは無くて酔いが回って少し火照った暖かい彼女だった。
前から少し電波っ毛があるのは知ってた。
だけどここまで気味が悪く感じられたのはこの日が初めてだったよ。

まぁ、山も何にもないしただ長かったけど大体こんなもんなんだ。

昨日彼女にそれで肝を冷やした、どこで聞いたんだ見てたんだ、と聞くと俺の住んでた周辺に知り合いはおらず、行ったことのないらしい。

だけど俺をコンビニで見かけた時に高二の俺が死んだ蛇を手で埋めてたのを思い出したと言っている。

相変わらず電波な奴だが、これは蛇が恩返しで引き合わしてくれたと強引に解釈することにしてる。