帰省するため車で山道を走っていたAさん。
もう日も沈み、周りは真っ暗だった。
夜の山道ってのは気味が悪いな・・・と思いつつ走っていると、林と道路の境に女がしゃがんでいる。

こんな時間になぜ・・・と不思議に思いつつ、車を停め「どうしました?」と声をかけた。
しかし女は無反応。

気を悪くしたAさんは、もうシカトして行こうと思ったが、さすがに夜の山道に置いていくわけにもいかず
後部座席の扉を開け乗るように促した所、女は黙って乗り込んできた。

車を走らせ、山道を進む。
間を持たせるため当たり障りのない会話をするが、女は無反応。
さすがに頭にきたAさんは車を停め、「ねぇ君、どこまで行くつもりなの!?」と少々苛立ちながら聞いた。

すると女は林の中を指さした。

A:「じゃあ、ここで降りるんだね?さよなら!」

Aさんがそう言うと、女は礼も言わず車を降り、林の中に入っていった。

しばらくして冷静さを取り戻したAさんは、罪悪感に苛まれた。

A:「ちょっと言い過ぎたかな・・・それに女の子1人で夜の山なんて危険だよな・・・。」

Aさんは車を降り、女の後を追って林の中に入った。

しばらくして、女の白いワンピースが遠くに見えた。
女は古びたボロ小屋の中に入っていった。

A:「あそこが彼女の家なのかな・・・?」

そう思いながら小屋の前まできたAさん。
新聞紙で目張りされた窓の隙間から、僅かに薄明かるい光がもれている。

A:「ここが家なら、もういいだろ・・・」

そう思いつつ、彼女のことが気になったAさんは古いサッシ戸の鍵穴から部屋の中を覗いてみた。
だが、視界に広がるのは真っ赤な光。

A:「ん・・・何だ?赤い壁紙の部屋なのか?」

Aさんは再び鍵穴から覗いてみた。
やはり真っ赤な部屋しか見えない。

その赤をじっと見てると頭がクラクラして立ちくらみがした。
気味悪さに寒気がしたAさんは、急いで車に戻って先を急いだ。

しばらく走ると、休憩所を兼ねた駐車場があったので少し休むことにした。

ぐったりしたAさんは仮眠を取った。
どのくらい寝ただろうか。
『ドンドンドン!』と運転席の窓を叩く音で目が覚めた。

すっかり夜も明け、周りは朝もやに包まれていた。
窓を叩いたのは、駐車場の管理者らしき初老の男だった。

男:「どうしました?」

初老の男は、疲れきった顔をしたAさんに尋ねてきた。

Aさんはこれまでの経緯を話した。
すると初老の男の顔色が変わった。

男:「その子・・・白いワンピース着て髪が長かった?」

A:「ええ。そうです。ご存知なんですか?」

男:「ああ・・・あの子は可哀想な子でね・・・小さい頃に難しい病気になって、家族であそこに越したみたいなんだけど、精神のほうがかなり・・・ね。だからあんな感じなんだよ。両親が死んでもまだあそこに1人で暮らしてるんだ。その病気のせいなのかな・・・あの子、目が真っ赤なんだよ。」

Aさんは震え上がった。
じゃあ・・・鍵穴から覗いたときに見た赤い色は・・・!?