マジ怖かった体験談です。
年末の追い込みで独り残業をしておりました。
残業規制厳しい折、電灯は自分の席のみに限定され、結構広い事務室は私の席を残して後は全部真っ暗の状況。

商店街の一角の会社とはいえ、23時を過ぎますと辺りは人通りもすっかり途絶え、けっこー不気味なんです。

そんな時、向こうの奥の課の電話が鳴りました。

「よりによってこんな時間になんだ?やっかいなことに巻き込まれたらやだな。唯でさえ終電に間に合わなくなるかもしれないのに・・・」と思って取りませんでしたが、延々5分くらいでしょうか?いや10分くらいかもしれませんが、鳴り止まないんです!

段々そのしつこさに腹が立ち始めた私は席を立ちとうとう電話に出ました。
すると結構明るいっていうかはぁはぁ息せききった声で「す・・すいません!こんな時間に!お約束の見積書を今からお持ちしたいんですが!」と若い男性の声。

私は「いやぁこんな時間ですから、もうここは誰もいませんよ。明日にして頂けますか?」と怒りを押さえながら断りました。

・・・・・が相手は「申しわけりません!ですが実は予定が大幅に狂ってしまって、こんな時間になりましたが、実は、最寄の駅に今ついたところなんです。あすは別件でお伺いできないので、なんとか受け取るだけでも!御願いします!」といって食い下がってきたんです。

私は「イや困ります。私も今もう帰るところですから、明日にして下さい。担当がいないときに持ってきてもらっても困ります!」と、再度かなり強く断ったのですが、電話がそのとき切れてしまいました。

失礼な奴だな・・・と、腹が立ちましたが、やむを得ません。
駅から会社までは交通の便が悪く歩いて15分くらいです。
私は席に戻りました。

ですが15分経ってもその男性は会社にくる気配がありません。
時計はもう23時に30分を回ろうとしています。

「あれからもう30分経ったぞ?なにやってんだ!」

イライラは絶頂に達しつつありました。
そのときです。
また部屋の奥で電話が鳴りました。

電話を出ると、さっきの男の声です。
やっぱり同じように「すいません!路に迷ってしまって!もう少しですから・・すいません!」と弱弱しく謝るんです。

「もう終電がなくなりますので、本当に困るんですよ!」といったんですが、「すいません」といいながらまた電話が切れたんです。

事務所はビルの4階なんですが、窓の外を見ると人通りは全くありません。
するとまた電話です。

「いますぐ近くに来ました!保安の方に話して私を中に入れていただく様御願いします!」といってまた切れました。

もう一度外を見ましたが、やはり誰も玄関には人の気配はありませんでした。
ようやく私も不気味になってきました。

保安に電話をしましたが、当然誰も尋ねてきていないとのこと。
「いたずらか?」と疑念を抱きながらも私個人への執拗ないたずらとすれば、なおのこと不気味です。

事務所はビルの4階なんですが、窓の外を見ると人通りは全くありません。
するとまた電話です。

「いますぐ近くに来ました!保安の方に話して私を中に入れていただく様御願いします!」といってまた切れました。

もう一度外を見ましたがやはり誰も玄関には人の気配はありませんでした。

また電話が来ました。
もう私は真っ暗な奥の課の席にへばりつきです。

「ありがとうございます。今中に入れて頂きました!エレベーターで今あがります!」

また切れました。
もうこのときは向こうは妙に快活な口調で一方的に喋って切ってしますので、こちらからは何もいえません。

「おいおいおい」

・・・私は事務室の真っ暗な入り口を凝視しました。
通常は事務室の中に外部の人間を入れないために、入り口のところに簡易電話を置いてあってそこから、担当者に電話してもらうのです。

もうこの段階でいたずらということは確信していたのですが、それにしては、電話の口調はあくまでも誠実で、快活な若手サラリーマンのそれでしたので、一方で妙にねっとりとした不気味さが高まっておりました。

また電話がかかってきました。

「今つきました!お待たせしてすいません。今受付におります」

相手ははぁはぁ言っています。
実に誠実そうで申しわけなさそうな口調です。

「あんたね!何時だと思ってんだ!」

私が怒鳴りますと急に沈黙が流れました。

「・・・・・・・・・・・・・・・」

後は一通り罵ったのですが

「・・・・・・・・・・・」

ここから先は沈黙です。
私は再度部屋の奥の真っ暗な入り口を凝視しました。
何か人の気配がするようで。
しかし当然誰もいません。
相手は沈黙です。

「・・・・・・・・・」

私は今度はこちらから電話を切りました。

すると今度はすぐまた電話がかかってきました。

私はもう終電がなくなるので、電話には出ませんでした。
ですが、電話は鳴り続けます。

私が部屋を出るまで鳴り続けてました。

会社を出た途端全身に鳥肌が立ちました。

「あの執拗ないたずらはなんだろう。俺狙われてるのか?それとも?????????」

これマジの話です。
一番怖いのは人間です。