もう大分前のことになるが、学生時代に一度だけ妙な体験をしたことがある。
高二の春だった。

その日はたまたま早く帰ることが出来たため、ちょっと散歩でもしようと、三つも前の駅で降りて知らない道を周って帰ることにした。
いざとなれば、途中途中のスーパーやファミレスの看板でも頼りにすれば家に付けるだろうと考え、路地裏や通学路をフラフラ歩いていた。
すると何個目かの曲がり角で、「お嬢さん」と声がする。

振り返ってみると、失礼ながらかなりみすぼらしい格好のおじいさんが座り込んでいた。
浮浪者?ではなく小綺麗なんだけどその全体が古ぼけ、ぼろのようになっている・・・。
皺だらけの顔を、ニコニコさせている。

「すまないが、水をくれませんか」とおじいさんが呟いた。

呻くでもなく、嗄れ声でもなく、言うなればジワッとした明瞭な声だった。
重ね重ね失礼ながら、水なら公園や駅前にもある。
これは訳アリだなと思った自分は、よせばいいのにペットボトルの水を渡した。
偶然にも、学食のコップについで飲んでいたので口自体は付けていないから良いかと思っての判断だった。
この時は、プチ善行とすら思っていた。
おじいさんは、大儀そうに腕を伸ばして瓶の下方を受け取ると蹲るように礼をする。
自分も会釈をして、またしばらく歩いた。

涼しくて良い散歩日和だと思った。
猫が居たのでそれを眺め、もう桜が咲き始めていたのでそれも眺め、視線を降ろすと道の脇に老人が居た。
ギギギと音がしそうなテンポで首をこちらに向け、「すまないが、飴をくれませんか」と呟いた。

これまた失礼ながら、『この町こんなホームレス多いのか?』と思いつつ、飴は無いので先日友人からもらったキャラメルをそのまま横流しした。
しわくちゃの手にそれを落とすようにして渡し、そろそろ知ってる道まで戻ろうと少し歩くスピードを速めた。

工場の裏に、老人が居た。
「紙をくれませんか」と聞かれたので、授業で配られたファイルの中紙として挟まっていた藁半紙を渡した。

民家の軒下に、老人が居た。
「鉛筆をくれませんか」と聞かれたので、教室で拾ってそのまま持ってきてしまったチビ鉛筆を渡した。

石塀に寄りかかった老人が居た。
「鈴をくれませんか」という言葉には内心焦った。

そう言えば、マスコットがぶっちぎれたのでやると押しつけられた、鈴だけ付いている根付けがある。
何年も前に誰かから押しつけられたものだが、その誰かが思い出せなかったので時効だと思い渡した。

次あの老人だったら断ろうと思っていたが、会うたび会うたびどうしても前にあったおじいさんの容姿が思い出せなくて返答に詰まった。

イメージは大体重なるのだが、細かいパーツや服装自体がどうしても思い出せない。
上の方に書いたのも、大分時間を掛けてなんとか思い出した要素だ。

あと一本、この路地を抜けたら絶対自分の知っている道に出る。
それはよく判っていた。
だから、そのアーケードには誰もいなくてその出口の場所に、おじいさんがうずくまっているのだろうと思った。

「お嬢さん。花を、花を私にくれませんか」

ここまでかいくぐって来られた運が、とうとう尽きたと本気で思った。
向こうに見える植え込みに何とかタンポポが見えたような気もしたが、それはこの老人の前を素通りすることになる。
「取ってきます」と言うだけの度胸が自分にはなかった。

とっととこの難題を片づけて、まともな方へ帰りたいと本気で思った。
花はどこにあるのか。

その時、ハッとした。
去年の入学式で渡された造花のコサージュが、鞄のポケットに突っ込みっぱなしになっている筈だ。

あった、これだって花だ!

おじいさんの前までツカツカと歩み寄り、目の前にその若干ヨレヨレになったコサージュを示してやった。

「こんなのしかありませんけど!」と思いっきり震えた声で見得を切る自分に、おじいさんは「お有難う御座います」と初めて礼を口にし、品物を両手で受け取った。

ダッシュで家に帰った時から、こうしてまた桜を眺めている何年も経った今まで、あれから自分には何のオカルト的な異常も起きていない。
今はただ、あの難題をふっかけられた時に一つも自分に深く関わる物を要求されなかった己の運の強さに、感心するばかりである。

あのアーケードにはその後行く機会が多々ありましたが、何のトラブルもない普通のアーケードでした。