最近聞いた話。

ある日、A子は授業中に携帯で出会い系の2ショットチャットをしていたんだって。
出会いや金目当てじゃなく、ただ、退屈な授業の暇つぶしに。
2ショットチャットで猥褻な会話をして、喜ぶオッサンどもがほとんどで、そいつらをからかって、5分ごとに相手を変えて遊んでいたらしい。
すると何人目か、自称・占い師32才という男が出て来たらしい。

その男は他の奴と違い、自己紹介から始まり、猥談は全くせず、世の中で起きている事件、事故の話題ばかりで、A子は『こいつも他の奴と一緒で内心は変な事考えているんだろ?』と思い、強引に話を猥談に持って行った。

すると、その男は「A子さんは心に闇を抱えている。その闇はやがてあなたの人格を奪い、破壊へと導く。」などと言い出した。

A子は何か腹がたって、「きもい!まじめに働け!糞親父!」等、誹謗中傷を始めた。

すると、しばらく相手は書き込みをしてこなかったが、3分後に「あまり調子に乗らない方がいい。私にはすべてわかるから。」とその占い師からの書き込み。
A子は益々荒れて、尚も挑発的な事を書き込んだ。

その間、また占い師の書き込みは無くなり、5分ほどたっても応答が無いのでA子は携帯を切ろうとしたが、最後に更新してみると「少しずつわかりました。あなたのことが。」と占い師の書き込みが。
A子は気持ち悪くなり携帯を(パケット通信を)切った。

授業も終わり、休み時間は仲間とその話題で盛り上がった。
仲間は「次の授業、みんなでそのサイトいって占い師見つけてからかおうよ!」という話になり、次の授業が始まった。

A子は早速、携帯で先程のサイトにアクセスし、2ショット掲示板に向かった。
携帯の画面を見た瞬間、A子は凍りついた。
掲示板のスレに『32歳♂・占い師です。○●県○○A子さん専用部屋』とスレが立っていた。
A子は先程、占い師に名前も嘘をついていたし、ましてや県名など教えていない。
一瞬、仲間の誰かの悪戯かとも思ったが、授業開始早々にスレが立ち上がっていることから、そうも考えられない。
すると携帯に先程の仲間達からのメールが入って来た。
仲間達は皆、「アクセスしたんだけど、A子のスレたってない?!」と、仲間達も不気味がっていた。

A子はとりあえず、そのスレを覗いてみた。
書き込みはスレ主の1件だけで、『このスレは心に闇を持つ○県○市在住A子・17歳♀さんの治療を目的としたスレです。A子さん以外の書き込みは禁止!』と。

A子は驚いた。
教えてもいない年齢まで・・。
すると又、仲間からメールが入って来た。

『A子やばいぢゃん!なんか全部バレてね?』

『あんた住所とか教えたん?!』

『せっかく専用スレ設けたんだからロムってないで書き込んでね(^-^)A子さん』

仲間からのメールに紛れて、知らないアドレスからメールが!
しかもどう考えても占い師からのメールが!

A子は恐怖とパニックで慌てて携帯電源を切った。

その授業が終わり、休み時間、A子の机に仲間達が一斉に集まって来た。

「なにあれ?A子めちゃやばいぢゃん!」

「どーして本名とか言っちゃったの?」

A子は「私、何にも教えてないし!てか、あいつからメール来たし!」と半泣きになり仲間に携帯に入って来たメールを見せた。

仲間達も一気にビビりだし、「ぜってーこの占い師やばいよ!とりあえずこのアド拒否っときな!」と言い、拒否設定を仲間の一人がやりだした。
と、その時にメール着信、占い師のアドレスから。
思わず「うわっ!」と仲間は携帯を床に落とした。
A子は慌てて携帯を拾い、メールを開いた。

件名
調子に乗りすぎたね、A子ちゃん。

本題
○○女子高って進学校なんだね。
A子ちゃん賢いんだ。
一日も早くA子ちゃんに取り巻く闇を掃ってあげなきゃね。

A子は震え出した・・・。
学校名までバレている!一体何故?
占い師が来るかも?!

仲間達もメールを見て「ちょっとこれマヂやばくない?警察に言えば?」と言ったが、A子は自分にも非がある為それは出来ないといい、泣き出した。

次の授業中、A子は携帯の電源を切り、ずっと顔を伏せ、恐怖に怯えていた。

仲間のB美は、どうしても真相が気になり、また、例のサイトにアクセスした。
するとA子専用スレッドの書き込みが(10)になっていた。

早速、見てみると、書き込みはすべて占い師。

『A子さん。調子に乗りすぎましたね。』
『A子さーん。書き込んでね。』
『A子さん。さっきまでの威勢はどーしたの?』
『A子さん、悩み事聞くよ?』
『A子さん、携帯の電源入れて!』
『A子さん!せっかく電話かけてるのに!』
『A子の携帯テレビ電話できるよね?』
『A子、今日は何時に帰る』
『A子、迎えに行っていい?(^o^)o』

と、何やらストーカーのような内容。
しかも携帯番号、機種までもがバレているような内容の書き込みだった。
これにはB美も驚き、さすがに何も書き込まずに接続を切った。

仲間のC、Dも書き込みを見ていて、恐怖を覚え、とりあえず今日は早退しようと言う事になり、四人で昼休みに早退した。

A子は占い師が家まで来るかもしれないと言う恐怖心から一番仲の良いCの家に泊めてくれと言った。
Cは快く引き受け、一旦A子の家に着替えを取りに帰り、Cの家に行った。

Cの家に着いてから、CはA子に占い師の事を忘れさせる為にお笑い系の番組ばかりをかけて、一切占い師の話をしなかった。
A子も占い師の話は一切せず、ただテレビを見つめていた。

夜になってCの家族と共に晩飯を食べながらお笑い番組を見ていたら、Cの家の電話が鳴った。
A子とCは一瞬、脳裏に占い師の事がよぎり、固まった。
電話にはCの母親が出た。
その様子をA子とCは固唾を飲んで見つめていると『A子ちゃん。お母さんから電話よ!』と。

張り詰めていた緊張感がほぐれた。

A子は携帯電源を切りっぱなしにしているから、A子の母が、A子が嘘をついて男と外泊では?と疑って、本当にCの家にいるか確認の電話をしてきたらしい。

A子はCの母親から受話器を受け取り、少しだるそうに「なにー?」と。
すると聞き慣れない女?の声で『ビビって逃げてんぢゃねーよ。』と。

話はこんな感じなんだけど、その電話以来、A子は精神的におかしくなって、ヒッキーになったらしい。