『一度霊体験をすると、それからしばらく霊体験をしやすくなる』・・・そんな話を聞いたことがあるだろうか?

霊感が強くなるのか、霊とベクトルが合うようになるのか、はたまた霊を意識するようになるのか、
理由はよくわからないが、とにかくそういうことはあるらしい。
これから書き込むのは、数年前、当時大学生だった俺が、のっぽのYと茶髪のAという、二人の友人を引き連れて、心霊スポット荒らしをしていたときに体験した話だ。

大学1年の後期、冬休みを目前に控え浮かれていた俺達は、週末にF県にある某神社に、キャンプをしに行くことにした。

その神社は、『女性が強姦されて殺された』『いやいや、強姦されて世を儚んだ女性が首を吊ったのだ』といった噂のある場所で、ようするに『出る』と言われる場所だった。

夕方に神社に着いた俺達は早速テントを立て、各自わかれて辺りを散策しはじめた。
見るからに古そうな神社で、鳥居の塗料はほとんど落ちており、周囲にぽつぽつとしかない民家が、いっそう寂しさを引き立てていた。

『なるほど、こりゃ妙な噂が立つのも頷けるな・・・。』

俺はそう思いながら、一人神社の周囲をぐるぐると見て回っていた。

三人で1時間ほど神社を見て回ったが、不思議なことも起こらず不気味なものにも遭遇せず、「やっぱり幽霊なんていねーよな」等と笑いながら、俺達は夕食のカレーを作り始めた。

肉を切り、野菜を切り、米を炊き、粗方完成したカレーを、持ってきたカセットコンロで煮込んでいるときだった。

「何してるの?」と、不意に声をかけられた。

声のした方を見てみると、俺達と同年代か、あるいは少し年上くらいであろう女性が一人立っていた。

「ねえ、何してるの?」

女性は再び問いかけてきた。
突然声をかけられたことに一瞬びびったが、そのときの時間はまだ午後8時前くらい。
若い女性が一人で歩いていてもおかしくない時間帯だったので、俺達はすぐに平常心を取り戻した。

Y:「あぁ、キャンプですよ」

俺:「今晩飯のカレー作ってるんです」

A:「お姉さんもよかったらどうですか?」

女性:「いいの?」

そう言いながら、女性は俺達の方にゆっくり、本当にゆっくりと近づいてきた。

そこで俺は、その女性の姿に妙な違和感を覚えた。
上手く言葉にできないのだが、何かがおかしい。
YとAも同じような感じだったようで、俺達三人は顔を見合わせたり小首を傾げたりしていた。
手を伸ばせばもう手が届く、というところまで女性が近づいてきたところで、俺はようやく違和感の正体に気付いた。

この女性には影が無い・・・。

ありがちだな、と思った人もいるかもしれない。
しかし俺が言っているのは、いわゆる影法師のことではなく、人間の身体にかならずあるはずの、鼻の下や目の窪みといったところに出来る影のことだ。

まるで小学生が描いた人物画のように、その女性には陰影が全くなかったのだ。
その女性は、俺が違和感の正体に気付いたと知ってか知らずか俺の隣に座り、ニタリと歯を剥き出しにして笑った。
そこで俺はもう一つ、奇妙なことに気付いてしまった。

女性の首が異様に長いのだ・・・。

最初は普通だったはずなのに、今俺の隣に座っている女性の首は、常人のそれの二倍以上はあるようだった。
YもAも、女性の異常さにとっくに気付いているようだったが、恐怖のためか身体が全く動かないようだ。

当然俺も蛇に睨まれた蛙のような状態で、指一本動かせなかった。
逃げ出すこともできず、目を逸らすこともできず、俺達はひたすらこの異常な状況が終わるのを待つしかなかった。

どのくらい経っただろう?
俺には1時間にも2時間にも感じられたが、実際は数分だったと思う。
唐突に、女性が声を上げて笑いはじめた。

ゲラゲラと狂ったように、壊れた人形のように・・・。

恐怖の限界に達していた俺達は、その笑い声を皮切りに猛ダッシュで車まで逃げ込み、近くのコンビニまでフルアクセルで飛ばした。
その間も笑い声が耳から離れず、本気で気が狂いそうだったように思う。

結局俺達はそのコンビニの駐車場で、「すげえ、あれなんだ!?」「マジ怖え、つか意味わかんねぇ」と、興奮状態で夜を明かし、次の日の朝早く神社に片付けに戻った。

当然女性はもうその場にはいなかったが、不思議なことにカレーだけは綺麗に食べつくされていた。

あの女性が霊魂の類だったのか、それともあやかしの類だったのかは分からないが、俺達が頻繁に霊体験をするようになったのは、丁度この出来事のあとからだった。

後日談だが、この出来事の一週間後にYとAに、「もう一回あの神社行こうぜ」と言われたときは、こいつら取り憑かれたんじゃないか?と心配したものだった。