寝れないから、心霊とかじゃないけど、俺の人生で一番怖い話を書くよ。

数年前、まだ大学生の頃、電話受信のバイトをしてたんだ。
まぁクレームとかもたまにあるけど、基本受信だからほとんどは流れ作業ね。
通信教育の会社だから、一番多いのは解約かな。
あとは教材の発送とか問い合わせとか・・・。
で、俺達バイトの電話は会社の人がモニタリング出来る様になってて、もし電話が長引いてたりすると、チェックが入るのね。

俺は職場が長いのと、まぁまぁ成績も良かったから、バイト始めて三年目の大学3年の頃には、バイトの中で一番偉い、言わば社員さんの下・・・チームリーダー的存在になってて、モニタリングの権限も与えられてた。

その日、女の子の電話が20分を超えてた。
女の子の方を首伸ばしてみると、ヘッドセットのイヤフォン部分に耳を当てながら、凄く真剣な顔してうなずいてる。

なんか面倒なクレーム入ったかなぁ、こりゃ・・・と思ってその子の電話をモニタリングしたら、男の子本人からの電話で、とにかく泣きじゃくりながら、「・・・で、いじめるんです、ほんとです。煙草を身体に当てたり、お湯をかけられたして痛いです。でも誰かに言ったらもっと怒られるので言えません。先生にも言えません。今は寝てます。助けてください」みたいなことを言ってる。

顧客番号を入力してないのもあって、こっちは何も分からないから、女の子がうなずきながら一生懸命名前とか住所を聞き出そうとしてるんだが、ほとんどパニック状態で小声で泣き叫んでる状態。

話の内容がマジで深刻になってきたから、こりゃまずいなぁと思って上司に相談しようとしたら、「うわぁぁぁー!」って男の子が甲高く鳴き叫んで、あわててヘッドセットを戻した。

そしたら叫ぶような声とモノを叩く声が何度か聞こえた後、鼻息がふーふーしてる女の人(たぶん、お母さん)が出て、「私が何をしようと勝手でしょ!!私のモノなんだから!!!!あぁ!?電話はなかったことにしてちょうだい!ふー・・・この子は私が殺しておきます。」ガチャ。

それで電話が切れた。
マジで怖かったよ・・・。
ちなみに女の子は次の日に退職届を持ってきた。
電話系のバイトは止めた方がいいぜ。